バーフダイエット


当店の取扱いフードは、すべて安心できる商品です。
頑固でわがままな店長が自分の基準で、自分の愛犬達や
大切なお客様のパートナーに安心してご利用頂けるものしか販売していません。

だけど・・・
ドライフードやウエットフードだけでは完璧ではありません。

実際に・・・
私はドライフードやウエットフードだけで愛犬の食事を済ませることはありません。

乾燥したり加熱したり、極端に加工されたペットフードでは、
「生きた栄養素」が不足します。

特に「酵素」・・・

食事から「酵素」を摂取することで
体内の潜在酵素の負担を軽減することでき、
免疫力や抵抗力、様々な代謝効力を高めることができます。


すべての食事を生食にしなくても、
ドライフードとの併用、トッピングもおすすめです。

お店としても在庫管理にオバケサイズの冷凍庫が必要で、
場所もとるし、維持費も管理費もかかり・・・
オマケにここだけのお話・・元々利益率も他より低いです。
しかも、お届けの際にも仕入の際にもクール便代がかかり、1梱包あたりのサイズ規定もあり・・・
自分で言うのもなんですが、
バーフダイエットを取り扱っているお店は、他とはちょっと情熱が違うんです。

当店では、さらにもっと皆さんに利用して頂きたいので、
しばらくの間、

クール便手数料も無料!で頑張ります。
もちろん送料も無料!

さらに
ポイント2倍!
※1個お買い上げに付き、合計10ポイント(500円分)

生食が初めてのワンちゃんは、今までの食事に少しずつ混ぜながら始めて下さい。

 

 

 

 

バーフダイエットの与え方お客様から多い質問
 


バーフ(BARF)という言葉は「生物学的に適正な生食」(Biologically Appropriate Raw Food)の頭文字を並べた造語です。そして「生物学的に適正な生食」=「全ての生き物が本当に必要とするフード」という意味の代名詞として使われています。BARFはオーストラリアの獣医師Dr. ビリングハースト氏によって、「地球上の動物は、進化の過程で、調理された食べ物は全く食べていない」という理論のもと提唱され開発された、生の肉・内臓・骨と野菜・果物だけを使った革新的なフードです。6種類のバリエーションをオーストラリアよりフレッシュなままお届けします。 ※バーフ・ダイエットは100%オーストラリア産の肉を使用しています。 ※日本で「ダイエット」と言うと「やせる」というイメージがありますが、本来は「食べ物」や「食生活」と言う意味で使われます。




自然界で生きている狼は、穫った獲物の肉、内臓、骨という順番で食べてゆきます。
その獲物の内臓には獲物の動物が食べた野菜やフルーツが含まれています。
骨はしゃぶったり、噛んだりしてカルシウムを摂取するだけではなく、歯の手入れや全身運動にもなり、とても健康でバランスの良い食生活をしています。

しかしながら私たちの大切なコンパニオン犬は、自然界に生きる狼と同じように狩りをして獲物を獲ることはできません。
飼い主の手を借りながら栄養豊かでバランスが取れた食餌を取る必要があります。
  



皆様の愛犬に提供させて頂いております「生食」は、犬の祖先である野生の狼の食餌法をベースにし、肉、内臓、骨(粉末)、野菜やフルーツを、犬が本当に必要としている量を考え、配合し作られております。 さらにAFF(オーストラリア農林水産省)において安全性が証明された人間向けの新鮮な肉を100%使用しているので安心。添加物、保存料、穀物なども一切含んでいません。犬の健康と元気を第一に考えた総合栄養食です。




「生食」には動物が本来必要とする多くの酵素、アミノ酸、必須脂肪酸*が含まれていますが、加熱加工することによりこうした大事な栄養素の多くは失われてしまいます。栄養価を効率よく消化、吸収できる、野生動物本来の食餌「生食」を是非お勧めします。

必須脂肪酸とは? 必須脂肪酸には大きく分けてオメガ3系とオメガ6系があります。αリノレン酸、DHA、EPAなどのオメガ3とリノール酸などのオメガ6をバランスよく摂ることは、犬の健康維持に欠かせない大変重要な要素です。たとえば最近増加している犬の皮膚病もアンバランスな必須脂肪酸摂取がその一因という説もあります。「生食」はこのバランスが理想的に保たれてます。
 




愛犬が食べ物に敏感でがあり、何でも与える事が出来ない!と言う方に、バーフダイエットはすべて肉、 骨,内臓を同じ種類に絞り、より多くの愛犬に与える事が出来るようにしております。 例えば、チキン・ダイエットには、鶏肉、鶏の骨、鶏の内臓が含まれているので、ビーフが苦手 の愛犬にも食べさせる事が出来ます。

表示方法: 写真のみ一覧説明付き一覧

8