店長日記

104

今日はお客様のお写真です。

京都府のマールちゃん




兄弟のリオちゃん



お母さんのカメラが上手なのでしょうか?
二人のポーズがいいのか。
なんだか私この写真大好きです。
このまま商品のパッケージにできちゃいそうです。
こんな感じで・・・。



実は、二人とも里親サイトを通じての保護猫ちゃんです。
野良ちゃん生活が少し長かったせいか、初めはなかなか慣れてくれなかったそうですが、
今ではご覧の通りゆっくりのびのび幸せに暮らしているそうです。

マールちゃん、リオちゃんいつもありがとう。
優しいお母さんとお父さんに会えて本当によかったね。
これからもよろしくね。

※二人のゴハンは、上記のボジータです。前回から顆粒の「アニマストラス」もご利用下さってます。



次は、静岡県のゴールデンレトリバー、アリエルちゃん。
アリエルちゃんも保護犬ちゃんです。





お口がポッコリしているのは大好きな「松ぼっくり」です。
お母さんと松ぼっくり争奪戦を繰り広げ、見事に勝利したお顔です。

確かに「譲らないよ」みたいな「まいったか、ざまあ~みろ」みたいなお顔ですね。

実はアリエルちゃん、昨年から両目にメラノーマ(癌の一種)ができちゃたのに、なんと、
片方は「ほぼ完治」、片方も少しづつ小さくなっているそうです。

大型犬でもう10歳なのに、すごいです。

お母さんのたっぷりの愛情のおかげですよね。ほんとすごい。

アリエルちゃんいつもありがとう。
調子よくなって本当に良かったね。
まだまだお母さんと「松ぼっくり争奪戦」できるね。


何が良かったのかはっきりわかりませんし、間違いなく一番は「お母さんの愛情」だと思いますが、
いろいろ変えていただいたのでご紹介します。


「レトリバーはお魚説」
結局は「個体差」だと思うんですが、こんな考えかたもあるんです。
ゴールデンやラブちゃんはもともと漁師さんのお手伝いをしていた。
先祖のニューファンもそう。
犬=オオカミ=肉と考えるのも正しいと時もあると思いますが、彼らは何世代にもわたって漁師さんの「残りの魚」を食べていた。
オオカミ?の中で鶏肉などではなく、お魚ばかり食べて・・・お魚が合わない子は減っていっただろうし、お魚で元気に暮らせた子が残ったいった。
だからお魚で調子がいい子が多いのでは?
これが「レトリバーはお魚説」です。
これほぼ私が勝手に妄想した説です。確証はないですが、「そういう時」や「そういう子」がいるのは確かかな。
メインのフードを「フィッシュ4」にして頂きました。

「癌は炭水化物NG説」
「犬はオオカミ説」
癌は炭水化物をエサにするって言われるのと、先祖はオオカミ?と言うことで、できるだけ炭水化物を減らして頂きました。
「バーフダイエット」をできるだけ使って頂いて、他にも「冷凍馬肉ミンチ」を使って下さっています。
お家でも「タラ」など積極的に「お魚」もトッピング。

「馬鹿力説」
馬鹿力・・・つまり馬や鹿です。
人間の食事でも「ジビエ」って良く聞くようになりましたよね。そんな考え方です。
人間の好みで食用に育てられた鶏や牛・豚は脂ノリノリで美味しいですが・・・人間に守られて甘やかされて育てられてます。
できるだけ自然の厳しい環境で生き抜いた「馬鹿力」を食べると言う・・・説です。
できだけ甘やかされてなさそうなお肉・・・当店でもバーフは「カンガルー」にして頂いたり「馬肉」をトッピングしたり、お家でも鹿など手に入れば使って頂いてます。

「不足の栄養素」
「βグルカン」
免疫を整えて癌に良いとされる「βグルカン」と、酵素&ビタミンやミネラルを補うのに「アニマストラス」をご利用下さってます。
販売されているドッグフードには、アーフコなど栄養基準がありますが、生きるために最低限だと思います。
酵素などは完全に無視ですし、ビタミンやミネラルも必須とされていない・基準がないものがほとんどです。
アニマストラスは「酵母」です。
酵母はたくさんの酵素を含んでいますし、一つの生き物ですので、生物が生きるために必要なビタミンやミネラルが数多く含まれます。その幅はアーフコなんか比較になりません。

「犬はオオカミ説」
これは、お肉たっぷり系のフードの宣伝にいつも使われますよね。
でもお肉多すぎても内臓が疲れてしまう子もいます。
犬や猫は、野生から人間の生活に徐々に近づいてきたんだと思います。
我が家のシーズなんて野生に返せば生きて行けません。
だけど、少しオオカミに?野生に?近づけるもどす?ように考えると確かに調子が良くなることがあります。(個体差大有り)
それはお肉を増やすと言う食事面だけじゃないと思ってます。
オオカミはほとんど夜行性です。
現代の犬や猫も、真っ暗でも目は見えてます。
写真を撮れば目が光るのも目の構造の問題です。
人間の生活に合わしてくれてるけど、目を例とするように身体のいろんな部分はまだ夜行性だったり野生だったりするんじゃないかと思います。
そこらへんで脳や神経などいろんなとこでストレスが生じているんじゃないかと・・・。
具体的には、「日の出前のお散歩」・「日の入り後のお散歩」とか、「晩御飯多め朝少な目」とか・・・
ちょっとオオカミや野生に戻してあげると調子が良くなることも多いと思ってます。
アリエルちゃんにもできるだけ意識して頂いてます。

ウソみたい?ですしあまり紹介するのも誤解を与えるかと思いますし、お客様を宣伝に使うみたいであまりお話したことないですが・・・

アレルギーやお肌だけじゃなくて、獣医さんで治らないことが、食事・サプリ・お手入れ・トリミング・生活習慣・しつけ・飼い主さんのカウンセリング?などで、本当にウソみたいに奇跡みたいに治ってしまうことが、時々・・・正直本当にまだ「時々」ですが、あります。

これからも勉強します。

 


お客様から頂いたお写真のご紹介です。

京都府のちっちゃなちっちゃな3兄妹、アイドル系チワワのももちゃん、そらちゃん、ゆきちゃんです。

いつもホント仲良しだね。

仕事から帰ってきて・・・こうして3人が仲良くお留守番してくれていると、ホンマにたまりませんね。



ももちゃん、そらちゃん、ゆきちゃん、いつもありがとう。
いつも仲良しで幸せいっぱいだね。
これからもよろしくね。

※主なご利用商品
「匠の逸品 ささみん棒」

 

 

次は、東京都の女王様系ロシアンブルーの「ハナちゃん」

届いた当店からのお荷物を確認・・・
そして・・・これぞ・・・

「ザ・イカ耳」



猫ちゃんがこんな風に耳を横にピ~ンってするのを「イカ耳」って言います。
「私のだニャ~」って少し警戒しているのでしょうか。

そして、女王様は定位置で上から見下ろします。



ハナちゃんいつもありがとう。
いつも当店からの荷物が分るんだね。
これからもよろしくね。

ハナちゃんの主食
ボジータウエットフード



次は、宮崎県のフランちゃん。

スーパージャンプのカッコイイ勇姿と・・・


眠たくて・・・ウトウト・・・



フランちゃん、いつもありがとう。
おもっきり遊んだり、大満足でウトウト・・・
いつも幸せそうだね。

※フランちゃんのゴハン
アーテミス アダルト

 

ササミを代表とするお肉のオヤツばかりじゃなく、お魚のおやつをもっと取り入れて欲しいです。

実は、「J-FARM 常陸のわかさぎ」を新規で取扱いを初めて、おすすめポイントを書いていると・・・
熱く長くなり過ぎて、もはやわかさぎのお話でなくなってしまったので日記にしました。

このわかさぎを、解りやすく一言でいうと、他のお魚より塩分は少な目、でもみんな不足しちゃう「オメガ3脂肪酸やカウシウムが豊富!」ってとこです。

もう少し詳しくお話しますと・・・ 脂肪酸(脂質)には、大きく分けて「飽和脂肪酸」と「不飽和脂肪酸」があります。

「飽和脂肪酸」は、豚肉や牛肉に多い「動物性油脂」です。
現代の犬猫(人間も)みんな食べ過ぎています。
それが原因で肝臓の数値やコレステロール増などの問題が起こったり・・・。
牛や豚だけじゃなく・・・私のお腹周りのプヨッと勝手についてきちゃってるのもこれです。
だいたい常温で白くなって固まる油です。

いっぽう、「不飽和脂肪酸」は、植物性の油やお魚の油です。
だいたい常温で液体です。

その「不飽和脂肪酸」の中にも、「オメガ9」とか「オメガ6」、「オメガ3」があって・・・
必須脂肪酸と言って、体内で合成できなくて食べ物から必ず摂取しなければならないのが「オメガ6」と「オメガ3」です。

必須脂肪酸の中でも特に、「悪玉」コレステロールを減らしたり血流を良くしてくれるのが「オメガ3」。
オメガ3の中でも、もっとも重要でしかもみんな不足しがちなのが「EPA」と「DHA」です。
よく獣医さんでコレステロールが高いとか脂肪肝だとか胆泥がドロドロって言われますが・・・
ひたすら脂肪分をさけるのではなくて、もっと重要なのは「バランス」です。

みんな動物性の脂肪の摂りすぎ、しかもオメガ3の不足・・・どんどんバランスが悪くなるわけです。
肝臓の数値や胆泥、高コレステロールなんかの大きな原因の一つだと思います。

さらにさらに、人間はオメガ3の代表選手「亜麻仁油」などに多く含まれる「αリノレン酸」を体内で「EPA」と「DHA」に変換するんですが、犬や猫はそれが極めて少量だったり苦手です。

なので、「EPA」と「DHA」を直接食べるのは超大切なんです。

なぜわかさぎでこんなに熱くなるかと言うと、 わかさぎに含まれる脂肪は、淡水魚にもかかわらず必須脂肪酸が多く、中でもEPAやDHAの占める割合がめちゃ大きいんです。
塩分の少ない淡水魚で、オメガ3のDHAの占める割合が、オメガ9のオレイン酸より多いのも珍しく超貴重。
みなさん、普通にお肉系のオヤツをあげていると必ず脂肪酸のバランスが悪くなっちゃうので、こんな貴重なわかさぎも是非取り入れて欲しいです。

もう一つは、「カルシウム」です。

カルシウムも脂肪と同じでバランスが大切です。 「リン」と「カルシウム」のバランスです。
「リン」よりも「カルシウム」の方が、たくさん食べなきゃいかんのです。
※リン:カルシウムは、1:1から1:2が理想的だと言われています。

だから、ドライフードは必ずと言ってよいほど「リン」より「カルシウム」の方が多くなってます。
なのに、牛豚鶏などのお肉は、とってもとっても「リン」の方が多いんです。
オヤツの代表「ささみ」なんかは、下手すると70倍とか80倍近く多い。
なのでオヤツの代表「ささみ」など多く与えると・・・ 「リンの過剰にカルシウムの不足」になります。
これも腎臓や肝臓に結石なんかも原因じゃないでしょうか・・・。
野生の肉食動物は、ささみだけ食べることは難しいです。 内臓やら骨も一緒に食べますからこうはなりません。

骨ごと一緒に食べられる「わかさぎ」は、もちろん「リンよりカルシウムが多い」です。

お魚のおやつで一つ心配なのは、塩分の取りすぎです。
この点に関しては、「わかさぎ」のように淡水の塩分の少ないものや、海水産のお魚も可能な限り塩抜きがされているものを取り扱っています。
自分で食べてみて比べたり確認するとよく解ります。

ささみなどのオヤツを与え過ぎでは?と言うこともあり、お魚のご提案をしましたが、いずれにしてもオヤツはオヤツです。
お話が熱くなり過ぎただけで「お魚のオヤツをどんどん食べましょう」と言うことではありません。
指摘した「リンの過剰・カルシウム不足」のお話も、「動物性脂肪の過剰・オメガ3不足」のお話も・・・
そもそもオヤツの与え過ぎが原因の一つなので、お魚であっても食べ過ぎにはご注意くださいね。
 
祖父が漁師で、自分の趣味も魚釣り、自宅に水槽が5個
・・・と食べるのも遊ぶのも飼育するのもとにかくお魚大好きな私なので熱くなり過ぎました。

オメガ3を塩分の心配もせず、手っ取り早くて効率的に摂るのは、やっぱりサプリメントです。
この日記で、動物性脂肪の摂りすぎや、「オメガ3」の不足を感じた方は、ご検討ください。
胆泥・肝臓・高コレステロール、お耳が汚れやすいとか皮膚被毛なんかですね。
 「フィッシュ4 サーモンオイルSOS」

人も犬猫も癌になるかならないかは、産まれ持ってある程度決まってるのかも知れない。
金さん銀さんの家系なんか見れば、長寿だって遺伝的要素は必ずある。

でも、みんなもっと元気で長生きして欲しい。
犬猫の平均寿命ってどのくらいでしょうか・・・。
みんな17歳とか18歳くらいまではいて欲しい。いれるはず。
猫ちゃんなら20年はいてくれる・・・。

本当にそう願ってます。

私は愛想も悪く、人付き合いも下手ですぐに顔にでます。
昔の雇われ時代には、気にいらないとすぐに顔に出るので、お客様が本社にクレームの電話入れたってことも2度もあります。
自分のお店をして、変なモノをウソの笑顔で売らなくても良くなって、また40歳を超えてさすがにちょっと大人になって、ずいぶんマシになったと思います。

だけど、本当に良いと思っておすすめしたサプリメントなんかを、「高い」など金銭的な理由?って言っても同じ金額のオヤツは購入して下さるので・・・金銭感覚?価値観の違い?で使って頂けなかったりすると、とても残念で残念で・・・正直なところ、たまに理解できなかったり、私の説明や話し方の問題なのかと落ち込んだりもします。

危険な添加物などが入っていない「安全」で「安心」なフードしか販売していません。
でもペットフードは、「安全」で「安心」でしかなく、私の中では生きるために最低限の栄養素が安心・安全に摂れる食事です。

皆さんでもヨーグルトやお漬物・納豆など発酵食品や、生野菜も食べるし、お肉やお魚もドライフードみたいにカスカスになるまで加熱したり乾燥させたりしません。

ちょっと大げさな?言い方すると、食べ物を食べると言うことは、その動植物が活きた「生命エネルギー」を頂くと言うことです。

具体的に言うと、加工されたペットフードでは、「酵素」や乳酸菌など、脂肪酸やビタミン・ミネラルが不足します。

だから、何か問題が起こる前に、すべてのワンちゃんネコちゃんに、「サプリメント」を利用して頂きたいのです。

もっと正直で本音を言うと、本当に可愛くて少しでも元気で長生きして欲しいなら、絶対に与えるべきだし、もっとお腹の中から正直に言うと、なぜ与えないのか理解ができないくらいの時もあります。

ですから当店では多くのお客様にサプリメントをご利用頂いており、明らかに他の子達よりも元気で若々しく、自信と確信を持っておすすめします。


動物病院へ行けば、すごいお金もかかるし、薬漬けになったりします。
その子がそうなるか、病気になるかどうかは解りませんが、
どんな病気になってどのくらいお金がかかって、どれくらい大変なのかもわかりません。

でも「予防」って、その解らないものですが、解らない計り知れないものを「予防」するんです。

1つだけ挙げるとすると、「酵素」を補って下さい。
酵素は熱に弱いので、ドライフード・ウエットフードの今の製造技術では十分ではありません。
さっきの大げさな表現で言う「生命エネルギー」は、加工すればするほど無くなってしまうんです。

実店舗で、「何か問題があって」サプリメントをご紹介し、購入して頂けないのに・・・
そのお客様が¥1000も¥2000円もオヤツを買ってお帰りになると、
「うぅ・・・~ん」ってなります。

私の中では、「サプリメント」>「オヤツ」なんです。
月に¥2000もオヤツを買えば、金額でも「サプリメント」の方が安いくらいです。

オヤツも「安心」なものしか販売していませんが、オヤツはオヤツです。
「オヤツを与えた方が身体に良い」と言うことはありません。

オヤツを与えたいお気持ちもわかるのですが、「何か問題があって」、
つまりお耳が汚れていたり肥満であったり肌が少し悪かったり・・・
このままでは確実に来月か来週・・・病院へ行かなくていけません。

それでもオヤツですか?

実は、「むむむむぉ~」ってなる時は、すでに通院中でお薬も飲んでいたりします。
それでもおすすめするサプリメントや生活改善よりも・・・オヤツ。

元気で長生きして欲しいんですよね。死んじゃうと悲しくて泣くんですよね・・・。

本当に「ぬぬぬぬぉ~」ってマックスになる時は、かなりの確率でサプリメントとオヤツ等生活習慣の改善で、通院もお薬も必要なくなるもっと健康にしてあげられるって絶対の自信がある時です。

だから、なぜ?高額な病院代+オヤツ代を支払って「病気」を選んでしまうのか、理解できない時があります。

お客様なのにすみません。

「ぬぬぬ・・・」とか「むむむ・・・」をしながら、どうお話すれば良いのか反省したり考えたり悩んだり努力もしています。
つい先日もコンビニで「人に好かれる話し方」って言う本と目が合って買ってしまいました(笑)

初めはサプリメントは少し差し上げたりします。でも絶対にその分以上にお金を出してオヤツも買って下さるわけですから・・・


いっそうのこと、怒鳴り散らした方がいいのかな・・・思ってしまう時もあります。
その方が、ワンコの為、ニャンコの為になるんじゃないだろうか・・・。
人の価値観の違いでしょうか・・・。
私の態度や話し方もあると思いますので、勉強して頑張ります。


愚痴ばかりなので、ご紹介もしておきます。

今健康でも問題が無くても、ドライフードやウエットフードしか使わないお客様には「みんな」使って欲しい与えるべきサプリメントです。

ほとんどの場合、毛艶が良くなったり肌がきれいになったり、目に見えて「元気」になったりします。
予防の効果は目に見えないですが、計り知れないすごいものだと確信しています。

悩んでしまうので、2点に絞って・・・。

「アニマストラス」
http://petvall.ocnk.net/product-list/246

加熱せずに発酵・培養。
酵母か生み出す「酵素」や「ビタミン・ミネラル」、いわば「生命エネルギー」。
すべてのワンちゃんネコちゃんに使って欲しいです。
小型犬・猫ちゃんで一か月¥2500~
※初めはお腹がびっくりすることがあるので、少量から初めて下さい。

「ミッシングリンク」
http://petvall.ocnk.net/product/189
ワンちゃんのお客様で悩んだらこれ。
老犬ちゃんにもおすすめ。
低温・フリーズドライ加工で酵素をはじめとする「生命エネルギー」みたいなもの。
悪玉コレステロールを減らしてくれる・・・オメガ3(脂肪酸)
肝臓を活性化させてくれる・・・レシチン。
関節に良いグルコサミン。
小型犬で1か月¥1000~
※開封後は冷蔵庫で。3か月大丈夫です。

とどけぇ~~~!この思い!

お客様のお写真のご紹介です。

東京都のハナちゃん。

今日は、「ハナちゃん」と私「てんちょ」の対談です。

ハナちゃん・・・・
あけましておめでとうごニャイます。
いつもお世話になっております。
穏やかな新年を迎えることができました。
今年もどうぞよろしくお願い致します。

てんちょ・・・
おめでとうございます。
こちらこそいつもありがとう。
今年もよろしくね。



ハナちゃん・・・
先日お母さんが買ってくれた「ハッピーキャット エンテ」・・・今までのフードに少しずつ混ぜて食べてみましたが、美味しくて結構好きです。
自分の好きな粒から選んで食べています。
思ったよりも粒が大きかったのでどうかな?と思ったのですが、全く問題はニャイです。

てんちょ・・・
「ハッピーキャット」ありがとう。
美味しかったようで良かったです。


ハナちゃん・・・

食後のお水は、お茶碗よりも蛇口から直接「がぶ飲み」が好きなんです。

てんちょ・・・
あわわぁぁ・・
なんだかすごいね。ハナちゃん。
部活の休憩時間を思い出したよ。
確かに「がぶ飲み」美味しかった・・・。
これからもよろしくね。
ありがとう。

 

 

お客様お写真で~す。

今日は12月31日、今日もガッツリ最後まで美容室のご予約を頂いており、20時まで仕事です。

通販の方も、今日まで発送の仕事があります。

「ちょっとしんどい」って思ったりもしますが、笑顔でシッポ振ってご来店してくれるワンちゃん達や、このようにお写真を頂けると、栄養ドリンクより元気になれます。

まずは、神奈川県の猫ちゃん達。

「空ちゃん」
そして手前は、「グリちゃんにグラちゃん」


3人ともナイスなカメラ目線・・・・
空ちゃんは、日向ぼっこかな?
素敵なお家で、3人とも幸せたっぷり感があふれ出てますよね。
グリちゃんとグラちゃん、そっくりじゃないですか?
兄弟かな?仲良さそうですね。

※主なご利用商品
シシア
ボジータウエットフード

次は、宮崎県のフランちゃん!

カレンダー用のお写真だそうです。

ハスキーだらけですね。
でもフランちゃんが一番可愛い!(笑)

いつもおりこうさんでいいお写真ですねえ~。
寒いですけど、ハスキーちゃんにとっては待ちに待った「冬」ですね。
人間は大変だけど・・・どっさり雪が積もったりするといいね、楽しいようぉ~フランちゃん。

※フランちゃんのゴハン
アーテミス アダルト

 

もうすぐクリスマスですよね・・。

クリスマス・・・って思えば、数年前のクリスマスに実店舗のお客様で実際にあったのを思い出しました。
こういう時は、神様のお告げ・・・じゃないですけどなんとなく伝えておかないと後悔しそうで・・・。

クリスマス定番の可愛い観葉植物・・・「ポインセチア」・・・

犬や猫が食べちゃうと食中毒を起こします。

いつも無いものがあったり、飼い主さんが嬉しそうに飾ったりしていると、何だか食べちゃう子が時々います。

買ってきたり貰ってきて・・・玄関入って・・・「とりあえず」、ポンってどこかに置いちゃわない様に気を付けて下さいね。

普通、食べられないものや食べちゃいけないものは、動物は食べません。
「ポインセチア」もほとんどの場合、食べないです。

でも若いワンちゃんやお家へ迎えて間もない子や、特に何か食べちゃったと言う前科のある子は、十分に気を付けて下さいね。

あとクリスマスツリーの「飾り付け」なんかもね。


 

外耳炎のお話の続きです。

前回は、細菌やマラセチアなど酵母菌が原因だけど、そういった菌が増えてしまうのはアレルギーなどと一緒で、根源は「食べ物」にあるっていうお話でした。

なので一度「徹底」して食事の管理をすべきでは?と言うご提案です。

でも食事を徹底しても、消化・分解や免疫力を考えてサプリメントを使用してもなかなかよくなりません。
繰り返し再発したり、慢性化したりします。

もう一つ、大切なことは、一度「徹底」して完全に治療することです。
増えてしまったマラセチアなどの菌を、一旦完全にやっつけてしまわなくていけません。

簡単なようでなかなか簡単ではないです。
結局獣医さんにもよってしまいますし・・・。

2~3回の治療で「はい。おしまい。」の先生もいます。

基本的には、良い先生でもとても時間がかかるものです。
ひたすらお耳の掃除・消毒を繰り返すことが大切です。
状態にもよりますが、最初は1週間に2~3回、それ以降も週に1回を数週間~数か月。
時間をかけて、「完全に治療」しようとする先生が良い先生だと思います。

2~3回の治療で「はい。おしまい。」の先生は、前回の日記のように「犬の耳はこんなもんだ」って思ってらっしゃるのかと思ってしまいます。
実際に、他の病院では「治療が必要」なレベルでも、獣医さんによっては「こんなもんだから何もしなくてよい」ってなります。
「再発したら、また来てね」ってなんて言われても、再発したくないしもう来たくない・・・。

ひたすらお掃除・消毒を繰り返すので、どちらかと言うと私達トリマーのような仕事?治療?なので、獣医さんによってかなり得意・不得意もあります。
スポイドと消毒液でお口のうがいのような方法でテキパキする先生がいて、あれは真似できません。
逆に、失礼ですが・・・代わった方が早い先生も見たことあります。

それと、お薬やら出して飼い主さんにお家で耳掃除や消毒を「させない」先生の方が、よい先生かと思います。
飼い主さんによってバラバラだからです。
そうじゃなくて・・・あくまでも私個人は、1週間に何度でも通院させる先生が良い先生だと思います。

お耳くらいでお仕事も忙しいのに・・・って言うのは十分に理解できますが、ちゃんと治らないですから、一旦「徹底」した方がいいです。

私は、時間をかけて通院させてゆっくりでも完全に治そうとする先生が良い先生だと思います。

それで、もう一つ大切なことは「飼い主さん」がすることです。
前回お話ししたように、食事を見直して「徹底」することです。
食事も同じくらい大切なことなのに、こっちはあまり獣医さんは言いません。
飼い主さんが頑張って下さい。

「お耳の中の菌を一度完全にやっつけること」
「根源になる食事の見直しや徹底」

この二つを両方とも「徹底」しないと治りません。

どれだけ通院しても食べ物に原因があっては再発します。
食事を見直しても、一旦増えたバイキンは完全にやっつけないと治りません。

美容室のお客様を見ていると・・・失礼ながらどちらも中途半端で・・・なかなか治らないことが多いです。

食事はオヤツをやめられないし・・・
通院もある程度?よくなったところでやめちゃいます。

通院は大変だしオヤツも解りますが、一度「徹底」して完治させないと、何度も繰り返して余計に通院が増えたり食事が難しくなります。
それに慣れちゃって「悪化」。
最悪の場合、「手術」。

お耳の掃除やケアは、飼い主さんご自身でも可能です。
お薬が無くても少々ならお掃除を繰り返すことで治ってしまいます。

綿棒などでゴシゴシしない方がいいです。余計に傷が付きます。
当店では、「シュアリンプウ イヤークリーナー」をおすすめしています。
お耳の中に数滴たらして、外からクチュクチュお耳を揉むようにして、浮き出た汚れをやさしく拭き取って下さい。
汚れがひどい場合は2~3回繰り返してください。
(あまり汚れていない場合は拭き取りは不要です)
度合いによりますが、汚れていた場合は1週間に2~3回繰り返してください。
段々と汚れがマシになるはずです。
よくなって来れば、1週間に2~3回⇒1週間に1回⇒月に1回となり、完治すれば耳掃除なんて必要なくなります。

ユーチューブとかで「犬 耳掃除」って検索してみて下さい。
お話したように・・・ローションなど洗浄液を入れて・・揉むようにマッサージ・・優しく拭き取り・・みたいな方法を参考にして下さい。

少し余談?ですが、お店でとても多い「涙やけ」のご相談・・・
実は、お耳が悪いから涙やけもひどくなっていて、「外耳炎が完治すると涙やけも治る・・」ことも多いですよ。
単純にお耳も目も繋がっているし、涙やけもアレルギーなど食事に根源がだったりもするので・・・。

ちょっとはお役に立てそうな日記でしょうか・・・。

「外耳炎」のワンちゃんネコちゃん・・・めっちゃ多いです。
症状や度合にもよりますが、ワンちゃんだと半分以上の子がそうなんじゃないかと思います。

勘違い?が多い気がします。

まず、「こんなもんだ・・・」って思ってらっしゃる方が非常に多い・・・。って言うかほとんどです。
お耳の中が汚れているのが見えたり、ティッシュや綿棒に茶色いのが付くようだとちょっとした外耳炎です。

完全に健康なお耳のワンちゃんは、「全く」汚れてません。
耳掃除なんて必要もないです。

あと・・・「垂れ耳だから仕方ない・・」もほぼ関係ないと思います。
我が家のシーズ&Tプードルは大丈夫です。
(アメリカンコッカちゃんとかだと確かに多いですが・・・。)

原因は、カビや酵母菌です。
空気中に飛んでいるようなものなので、「感染」って言うか、その子のお耳の環境だったり抵抗力・免疫力が弱いから、そういった菌がついてしまいます。

ようはアレルギーみたいなもので、ほとんどの場合、根源は食べ物にあると思います。

一番多いのは、小麦だったりの穀物だと感じます。
だけどこればっかりは難しくて・・・我が家の子達は小麦のビスケットを食べても大丈夫で・・・関係ないのかな?と思ったりするのも正直なところです。

食べ物の種類だけじゃなくて、その消化や分解にも関係がありそうです。

矛盾したこと言いますが、それでも実店舗で、小麦不使用だったり穀物不使用のフードにしてもらってオヤツを含めて「徹底」してもらうと・・・次のシャンプーの時に明らかに改善していることがほとんどです。

だから、とにかく徹底して欲しいのです。
お耳が汚れていたり・・痒かったりするのは可愛そうです。
個人的な悩みみたいになっちゃいますが、私とお客様とでギャップがあって時々悩んでしまいます・・・。

私は、治して欲しいです。
オヤツがしばらく無くても、治して欲しいです。

ギャップができてしまうお客様は、だいたい犬の耳は「こんなもんだ」と思ってらっしゃいます。
少し汚れていたり、臭いがして、耳掃除が必要なものだと思ってらっしゃいます。

確かに10歳をこえたりすると汚れやすくもなりますが、特に若いワンちゃんで完全にお耳が健康なら、全くと言ってよいほど汚れないです。

オヤツが食べられない方が、かわいそうだと思ってらっしゃいます。

「今はそうかもしれない」・・・

だけど、ほとんどの場合・・・大変失礼ですが・・・当たり前です・・・「悪化」します。

こうなってしまうと、飼い主様の「こんなもんだ・・・」がさらにひどくなります。
初めは少しお耳が汚れていただけで「あれっ?」って思ってらしたのに、少々では「こんなもんだ・・」とか「まだマシ」って思ってしまいます。

そしてさらに悪化・・。

中耳炎になって大変なことになったり、通院してもしてもなかなか治らなくなったり、さらにお耳を掻いて「耳血腫」になってしまうと「手術」が必要になります。

耳血腫で手術したの・・・?
ごめんね・・・2年も前から毎月言ってたのにね・・・。


頑張って「徹底」して下さい。
決めたドッグフードだけにして、どうしても必要ならオヤツもそのドッグフード数粒にするくらいで・・・。


商品のご紹介もしておきます。

当店で外耳炎の改善例が多くて成績が良い商品です。

「ナウフレッシュ 犬用」
「ナウ フレッシュ 猫用」

「ボッシュ ライフプロテクション」

「フィッシュ4ドック」
「フィッシュ4キャット」

食べるものを制限する・・・だけじゃなくてできればもう少し頑張って頂くとさらに改善例が多くなります。
少しお話したように矛盾した考え方になるかもしれませんが、食べ物の種類や制限だけでなく、その食べ物の消化や分解を良くしたり、乳酸菌などで免疫力・抵抗力を高めるんです。

「ツヤット」
「アニマストラス」

上記のフードとできればサプリメントの併用で、少なくとも一旦完治するまで他のものは「一切」食べない・・・頑張って下さい。
頑張るっていろんなオヤツあげたりしないだけなんですから・・・。

「こんなもんだ・・・」とか「オヤツが無い方がかわいそう」って思ってると、必ず「悪化」しますよ。

実は、あと・・・もう一つ重要なことがあります。
食べ物を徹底してサプリまで使って頂いても、治らない場合が多いんです。
続く・・・

今日は、お客様のお写真です。

ほんと、癒されます・・・

通販のお客様は会うことが無いので、この子達が食べてくれてるんだと思うと仕事もはかどります。
そして、みんな少しでも元気で長生きしてもらえるように頑張れます!


まずは、静岡県の齋藤アリエルちゃん!


アリエルちゃん・・・ちょっと老犬ちゃんっぽくなってきたね。
白くなってきたお顔がまたキュートで愛くるしいです。
もうすぐ10歳です!

アリエルちゃん!
元気だよねえ~。
これからも毎日を大切に幸せいっぱいの生活を送ってね。
ちょっと寒くなったから、身体に気を付けてね。
いつもありがとう。

アリエルちゃんご利用の商品
NOW FRESH (ナウフレッシュ) シニア&ウエイトマネージメント
アニマストラス 顆粒タイプ  ←最近とっても人気で老犬ちゃん老猫ちゃんにもおすすめです。 



次は東京都の女王様・・「ハナちゃん」です。

当店からのゴハンが届けば・・・
すぐに自分でチェック!

クロネコ:「女王様のお荷物のお届けですにゃ」



「よし!異常なしニャ~!」
「サンキュー、クロネコ」



「誰にもやらないにゃ!」

ハナちゃん!
いつもありがとう。
早いね・・・ハナちゃんももう4歳か・・・。
これからもよろしくね。

ハナちゃんの主食
ボジータウエットフード

肥満はアカンのです。

ハムスターもね。

さあ・・・私のこの熱い気持ち・・・いったい何人のハムスターの飼い主さんが見てくれるんだろう・・・
当店のお客様の中に・・・ひとり?ふたり?けっこういらっしゃる?・・・



今日は我が家の「みきお」の身体測定です。


まずは身長・・・




じっとしてくれません。
しかも小っちゃくなってるやん。

あっ!そうそう。
いつも遊んでいる・・あれ・・ちょっと入ってみてえ~。




めっちゃ伸びたやん!

伸び過ぎやろ・・いったいホントの身長は・・・
まっ身長はよしとしましょう・・・。

次は、体重でぇ~す。




わからん。
じっとしてぇ~・・・。

ちょっと太ったんちゃうん・・。

ちなみに・・
みきおと同じゴールデンハムスターとか金熊ハムスターは、150グラムを超えるあたりから肥満ちゃんだと思います。
ジャンガリアンちゃん系だと50グラムを超えると肥満ちゃん。

タブン、世間のハムスターちゃんは、ほとんど肥満~超肥満です。

何が悪いって、ゴハンが悪い。
キチンと伝えないペットショップが悪い。
悪いってわかってて肥満の元を販売しているペットショップが悪い。

「ヒマワリの種」です。

あんなのはほとんど与えなくていいです。
与えない方がいいくらいです。

別にヒマワリの種を主食にするような動物ではないです。
よく売れるリス&ハムスターのフードは、ヒマワリだらけ。
人間で言うとピーナッツが主食みたいな感じです。
お茶碗のゴハンが半分ピーナッツだと思って下さい。

肥満・腎臓病・肝臓病・皮膚病・・・
長生きしません。

どうしてもヒマワリの種を与えたい人は・・・数えて下さい。

1日・・・「3粒!」

ゴールデン・金熊ちゃんは、「5粒!」


じゃ・・どんな食事がいいの?ってことで、みきおのゴハンはいつもあるので販売します。

「チムチムチップス」

こんなんです。
こんなんでいいんです。
こんなペレットを主食にしてください。

これに根菜類を中心に少しお野菜です。
キュウリとかレタスとか果物の水分が多いものは、下痢することがあるので注意です。

あと乳酸菌もおすすめです。
「小動物用手づくり乳酸菌タブレット 大好きん

我が家は、いまの「みきお」も先代ハムの「ちゅうちゅけ」もその前も・・・
みんな長生きです。

ヒマワリは寿命を縮めますよ。


私・・・ペットバルをオープンして11年目で、バルは犬猫用品しか取り扱っていませんが、何でも一通り経験あります。
何でも聞いて下さいね。

今日はお客様のお写真です。

京都府の激ちっちゃ激可愛いチワワちゃん3兄妹です。

ももちゃん、ゆきちゃん、そらちゃんです。

3人ともナイスなお写真ですね。

いつもありがとう。

これからも元気で仲良くねえ~。

 




またこのネタです。

当店は・・・特にお客様のワンちゃんをお預かりする美容室のある実店舗は、非常に癖がすごいお店だと思います。

もう、初めての方はビックリすると思います・・・・・だから実は2年前から美容室は新規のお客様をお受けしていません。
今来てくれているワンちゃん達のことを最後まで精一杯大切にしようと思ってます。

癖が強い店主・・・
その一・・・本当に肥満がアカンのです。

今日もおやつをたくさん購入しようとして下さるお客様を必死で止めて、1個にして頂きました。

腰のヘルニアや、肥満も原因の一つと思われる内臓の問題をかかえているワンちゃんやその経験があるワンちゃんは、シャンプーに来ていただく度に、毎回必ず体重を測り記録しています。

測ってくれって言われるわけでもないし、親切?って言うか・・・私自身がそうせずにいられないです。
測るなって言われても、測りますから・・タブン。


今日必死でオヤツのお買い上げを阻止してしまったお客さんのところも、腰も一度悪くしたし肝臓が悪くて薬漬けなのに、大変失礼ですが、かなりの肥満ちゃんです。
ダイエットできません。

シャンプーカット代を支払うにも関わらず、毎回体重を測って、毎回嫌味?を言われ、本当に申し訳ないです。
それでも毎回次の予約をして帰って下さいます。

このお客様も、「何か混ぜないとご飯を食べない」とか「好きなものしか食べない」っておっしゃいます。


自分で調節してるんです。

前にもここでお話したことあると思いますが、「食べない」ってご相談に来られるお客様の半分以上のワンちゃんは、太っています。

飼い主が、美味しいの喜んでたくさん食べて欲しかったり、シッポ振って喜んでおやつを食べるのを見たくて我慢できないだけです。

とっても優しくて思いやりがあるんだと思います。

その点、私は非常に冷たくて冷めた人間なのだと思います。
私は、自分の愛犬が太って困ることは、絶対にないです。
与えなければいいだけですから、私は簡単にできます。

ダイエットができないお客様も、誘拐するわけにいきませんから、同意を得て預かりたいくらいです。
数週間も預かれば、必ず痩せさせることができます。

できない方は、喜んで食べないのや、オヤツを欲しがってシッポ振ってるのに無視することが、可愛そうで可愛そうで耐えられないのです。
それが原因で腰のヘルニアや内臓疾患があるのがわかっていても、お酒やたばこをやめられないの同じで、シッポ振って見つめられると我慢できない。

自分の意志でお酒やたばこで早く死ぬのは勝手ですが、ワンちゃんは飼い主さんを信用してすべてを委ねていますからね・・・。

前にも言いましたが、犬や猫って動物は、人間に甘えて一緒に過ごせば、食事に有り付けるし、そうして生きてくことを選んだ動物です。
それに今のワンちゃんやネコちゃんは・・・そもそも人間が作り出した命です。

飼い主様が与えるものを、与えられただけ食べて行けば、健康に暮らせると、そう思っています。
飼い主さんを喜ばせて、シッポ振って喜んで食べれば、健康に暮らしていけると思ってます。
飼い主さんが与えれば、毒だって食べますから信用してるんです。


でも、いつも冷たいだけの私でもなくなってきました・・・
若いころは、うまくできなくて無愛想なだけでしたが、40歳を間近にしてようやくです・・・。
皆さん、「いろいろ」あるんです。

一番は・・・家族間のね。

私が毎回一生懸命痩せるようにお話していると、ここで泣き出してしまったお母さん・・・
何人もいます。すみません。
ご家族の問題までお話下さって・・・。

ここへワンちゃんを連れてくるお母さんだけを攻めてもダメなんです。

お母さんは十分に理解していても、ご主人だったりお婆ちゃんだったりお爺ちゃんだったり・・・。

原因の本質は、ご夫婦間の関係だったり家族の問題なんです。

病院へ行ったり、ここで叱られるのはお母さんだけです。
失礼ながらそういう「真犯人」がいらっしゃいます・・・

そしてその真犯人さんは、オヤツやご飯をたっぷりあげて愛犬や愛猫の喜ぶ姿を見て幸せをお感じになられるだけで、大抵は病院や当店には来られません。お散歩も行きません。

真犯人にオヤツや人間の食べ物を与えるのをやめさせて・・・
といっても、失礼ながらご夫婦間だったり嫁姑でそれができるところとできないところがあります・・・。

こっそり留守中や目を離したすきにオヤツを与える真犯人・・・なかなか難しいです。
人間関係だけでなく、お年をとられて寂しくなっていくお気持ちや、今までお仕事バリバリ頑張って定年を迎えられて自宅にいるご主人のお気持ち・・・そんな時にシッポ振って寄ってきてくれますからね・・・。

私のお商売としては大変失礼な態度でも、毎月必ず来て下さるお母さんは、目の奥に必ず何かそういった別の問題があるのが見えます。
わかってますし、わかっているのもわかって下さっています。
だから、こんなお店へもずっと来て下さるんだと思います。

いや・・でも、アカン。肥満はアカン。

次・・・腰悪くしたら・・・もう歩けないよ・・・。
もう一度・・・急性の膵炎を起こしたら、もう会えないと思う・・・。

可能な限り、サポートしたい。
みんなできるだけ健康で元気で長生きして欲しい。

頑張ろう。

 

またまた、トップページの「What's New」とほぼ同じ内容です。
でも、本当にみんなに食べて欲しいですし、飼い主様も意識を変えて欲しいので・・・


「アニマストラス」の取扱いを始めました。

ドライフードにしてもウエットフードにしてもすべて加熱や乾燥など加工された食べ物です。
そのような加工食品しか食べないすべてのワンちゃん・ネコちゃんみんなに使って欲しいサプリメントの一つです。
(他で言うと・・・ミッシングリンクスパイラルエンザイムス

「アニマストラス」は、酵母のサプリメントです。
酵母って書いての通り「酵素」を産みだす「お母さん」です。
酵母にはたくさんの酵素が含まれていて、「アニマストラス」は吸収しやすいように加工(原形質分離)してあります。

例えば・・・関節なら・・「グルコサミン!」って言うような考え方ではありません。
グルコサミンも本来身体の中で作り出すものなんです。
グルコサミンだけじゃなくて・・・身体の中では、いろんなところで活躍する物質や酵素を製造している言わば・・「工場?」があります。

もっと言うと・・・免疫工場?抵抗力工場?代謝工場?

この手の酵素や酵母のサプリメント、私がみんなに食べて欲しい酵素や酵母は、その工場のバッテリーと言うか給油と言うか・・・。

身体の中のその工場をパワーアップさせて、免疫力や抵抗力、様々な代謝力・・・ぜ~んぶを高めようってことです。

加工食品ばかりだと、そこの工場のバッテリーがいたんできたり、油切れになってしまうんです・・・。

ちょっとお話がそれますが・・・

人でも納豆など発酵食品は身体にいいって言いますよね。
野生の肉食動物は、獲物を捕らえると内臓肉とその内容物を好んで1番に食べます。
もちろんナマで。
例えば羊など草食動物の胃は4つもあって行ったり来たりしながら発酵させて消化するんですね。
納豆も元々は「枯草菌」って言う草や土に含まれる菌の一種で、草食動物の内臓の中も草や穀物や果実などが発酵して、そのような菌が大量に発生し言わば・・「納豆状態」なんですね。
(なのでドットわん納豆なんかもとても理にかなっています)

本来、そのような食事をしていた動物ですから、人間以上に酵母をはじめとした菌やバクテリア、酵素が必要な動物なんだと思います。
少なくとも加工されたドッグフードやキャットフードだけでは慢性的に不足するんだと思います。

お散歩中に草を食べたり土を食べたり・・または動物や昆虫の死骸を食べちゃったり・・・はたまた食糞しちゃうワンちゃんやネコちゃんは、本能的にそういった発酵した食物、菌やバクテリアを補っているんだと思います。

実際に、この手のサプリメントを続けることで食糞をはじめとしたこのような問題行動が治まったりします。
もちろん軟便や便秘が治まったり、お肌の調子が良くなったりすることもたくさんあります。

自分の言葉で説明するとやっぱり下手ですね。
酵母とか酵素とか・・・菌とかバクテリアとか、または枯草菌とか・・・別では乳酸菌とか・・・いろいろ言うてますが、極端に言うとみんな一緒です。
加熱に弱い栄養素が、ドッグフードやキャットフードでは不足しますよってことです。

お話を戻して・・・


「アニマストラス」については、どちらかと言うとワンちゃんは液体タイプがおすすめです。
ネコちゃんは、液体タイプは嫌がる子が多く(全体の2~3割程度?)、顆粒タイプの方が嫌がることは少ないようです。
液だれなど使い安さでは、顆粒の方が使い安いですね。

ざっくりですが、液体タイプで、小型犬ちゃんで1か月100mlを1本くらい(1か月¥3240)、中~大型犬ちゃんで250mlを1本くらい(¥5400)の使用量です。
安くないですが、みんな酵素不足(=工場の油切れ?バッテリー切れ?)は深刻です。
是非、酵素を意識した食生活をおすすめします。

この酵母サプリ・・・「アニマストラス」には、もっと測り知れない?見えない?栄養素もいっぱいです。
酵母って小さい小さい1つの生き物ですからね。
例えば・・・酵母は「βグルカン」もたくさん入ってます。
酵母の細胞壁に含まれるんですね。
「βグルカン」って言うのは、「免疫アップ」や「癌」なんかに注目される成分で、アガリクスや冬虫夏草をはじめとするキノコ類にもたくさん含まれる成分です。

もう一つ言うと、「核酸」です。
アニマストラスには(酵母には)、「核酸」がたくさん含まれます。
「DNA」や「RNA」です。遺伝子ですよね。
身体の中でたくさんの仕事があるんです。
すべての細胞の分裂や増殖や成長に最も重要な栄養素です。
すごいです…細胞の分裂から成長、遺伝・・・全部ですから、産まれてから老化して亡くなるまで全部です。
生命の根源?みたいなものです。
その核酸は、肝臓で製造するのと、食べ物から再利用するのと二つの方法で作られます。
どうしても加齢などで、製造する方が少なくなってきてしまうんです。
だからしっかり食べようってことです。

解りにくい下手なお話を最後までありがとうございました。
ご興味があるお客様は、サンプルをお試し頂けます。
商品ご注文の際に備考欄にご記入ください。
サンプルだけの発送はできません。
数量も限られます。
アニマストラスの液体タイプと顆粒タイプ、それぞれちょびっとになってしまいます。
嫌がらずに食べてくれるかどうか…試して頂く程度の量です。

 

 

今日は、お客様からのお写真のご紹介です。

当店のお客様のところは猫ちゃんもワンちゃんもみ~んな「超」可愛がられて「超」愛されています!

まずは、東京都の女王様。

ハナちゃんです。



ナイスカメラ目線ですね・・・。
座布団2枚引いてます(笑)
毎日ボジータのウエットフードをスプーンですりつぶして食べるのが好みだそうです。
お家では、いつも「女王様」だそうです。



ハナちゃん!いつもありがとう!
いつも大事にしてくれるお母さんに感謝して、これからもたっぷり甘えてね(笑)


次は、千葉県のこぶうちゃん。




5歳のお誕生日です!

おめでとう!こぶうちゃん!
これからも元気でね!

こぶうちゃんは、最近「スパイラルエンザイムス生酵素」を食べてくれてます。
フードにトッピングで嫌がらずに食べてくれるみたいですね。

 

 

トップページの「What's New」とほぼ同じ内容です。

人間みたいにニュースにならないし、被害頭数もわからないですが・・・
すごい多いです。
熱中症。

本当に多いです。

今年も、実店舗のお客様のお友達ワンコが、お散歩中に急変しその後亡くなった話を聞きました。
フレンチブルちゃんでした。

毎年誰か亡くなったり入院したり通院したりします。

短頭種や大型犬、老犬ちゃんは特に気を付けて下さい!

お散歩は、夜か早朝にしてください。
場合によっては、お散歩も距離や時間をひかえて下さい。


お守り代わり?に是非「ハイドロチャージ」をおすすめします。
自分で飲むことができる状態であれば、点滴と変わらないくらいの効果があるそうです。

緊急事態の「お守り」と、お盆休みの帰省やお出かけなどで長時間の移動がある場合には、「予防」として先に利用するのもいいです。

もう悲しいお話しは聞きたくない。
今年の夏しか使えない期限のロットですが、お安くできたので是非!

賞味期限:2016年11月15日
通常価格:¥356
熱中症はもう聞きたくない価格:¥198

獣医師監修 パラソルヘルスケア ハイドロチャージ」


体重5キロあたり1日1袋(200ml)が適量です。
小型犬ちゃんやネコちゃんは1袋、中~大型犬ちゃんは何袋かあると安心です。
数日続けたくらいで塩分などミネラルの過剰摂取にはなりません。
(毎日ガブガブ飲むものでもありません)

最後まで読んで下さってありがとうございます。
お守り代わりに1袋だけ・・・っていうお客様や、試してみたいお客様は、商品ご注文の際にこっそり備考欄にご記入ください。

商品代金¥3000くらい以上、お一人様1袋、先着20名様くらい・・・1袋オマケします。

久しぶりの本音です・・・。

いろんなペットショップがありますよね。

どうですか?
やっぱりある程度大きな会社や大きなお店の方が「しっかりしている」と思いますか?

ここは本音だし私のスタイルだし、お店に来ていただくとすぐにバレるので・・・
当店は弱小店ですよ。
夫婦二人でしてます。
妻はトリマーですのでそれ以外のことは全部私一人です。

弱小店だからこそできることもあって必死のパッチで頑張ってますが、大手さんに勝てないことの一つが「販売価格」です。
ごめんなさい。 なかなか安くできないです。

だから、価格だけじゃなくて、品質や管理、安全・安心を追究したり自分なりの基準も持って商品を厳選しています。
逆にって言うか・・・
正直言って、当店は安売り合戦はなかなか難しく、決して得意ではありません。

それでもやっぱり安い方がいいに決まってますよね。
そこんところも頑張っていきたいと思います。

値崩れし始めて安~くなると、みんなが薄利でたくさん売るわけですから、メーカー・輸入元や問屋もだんだんと取扱いが「雑」になるってことは本当にあると思います。 
そう感じたり確認できた時は、取扱いをやめます。

でも品質が変わらない全く同じものが他の大手さんで安く売っているなら、可能な限り当店でも頑張ります。
それをせずに、「安全でなくなったから取扱いをやめます」ってずるい?うそ?みたいな言い方はしたくないです。

あまりにも値崩れして安くなっているものは、それなりの管理しかできてなかったり品質だったりすることはあります。
中には、良いものでも値崩れして安くなっている商品もありますし、「安かろう悪かろう」だけじゃなくて、ほんの少しでも「良いものをお安く」頑張りたいと思います。

と言うことで?

人気のシシアのウエットフードを少し値下げしました。

「シシア 犬用」
「シシア 猫用」

品質や流通経路など何も変わってません。
仕入が安くなったりもしてません。
ただ・・ チラホラ少し安いお店さんもあるし、少しでも安い方がいいと思うので頑張ります。

夏は暑くて食欲も落ちるし、水分不足にもなるので、ウエットフードも使って欲しいです。

安全・安心を追求し、「自分の家族にも食べさせられる・食べさせたい」って思う商品を取扱いながら、弱小店でも自分の利益ばかり考えずに・・・良いものを少しでもお安く・・・
メーカーさんとの契約もあり難しいですが、販売価格だけでなく送料や手数料も含めて頑張ります。

他でも、当店では「ピナクル」とか「ヤラー」とかは、少しですが頑張ってます。
もちろん正規品です。

ここ大阪では、今日急に暑くなりました・・・。
今年は特に暑いみたいなので「熱中症」には、十分に気を付けて下さい。

意外と熱中症は、雨の日やちょっと涼しい日、10月くらいになってから・・・の方が多い気がします。
お留守番の際、「今日は大丈夫かな・・・」ってエヤコンを悩んだ時は、「必ず付ける」ようにしてください。

車は最も危険です!「5分で死ぬ」と思って下さい。
車の熱中症・・・「車に放置するなんて、馬鹿な飼い主」って皆さん思いませんか?
ほとんどの場合、放置しようとしてなかった時に起こっているようです。
つまり、「すぐに帰って来る」と思ってた時に、飼い主さんが事故やトラブル、「忘れ物」なんかあった時です。
特にお一人で、「すぐに帰って来れるから大丈夫」って思った時は、何かあると死んでしまうんだと思って下さいね。

始めの症状は、「なんか元気ない」くらいです。
それに加えて、「食欲がない」とか、「激しい呼吸」があると要注意。
「パンティング」って呼ばれる、犬が舌を出して「ハァーハァー」する呼吸のことです。
パンティングがいつまでたっても治まらないような場合は要注意です。

【湿度も注意】
人間でも「蒸し暑い」って言いますよね。
これからの季節の「洗濯物が乾かないような日」も要注意なんです。
人間は汗、犬はさっきのパンティングで唾液を乾かして・・・、猫ちゃんはあまりパンティングしませんが舐めてグルーミングして・・・
みんな「気化熱」を使って体温を下げます。
湿度が高くて「洗濯もが乾かない日」は、「舌も乾かない」ので気化熱をうまく利用できないんです。
湿度を下げることは、とても重要で、湿度が1度上がれば犬の体感温度は1度上がるって言う獣医さんもいます。
特に老犬ちゃんや短頭種、心臓に病気を持っているワンちゃんは、要注意です。
エヤコンにもよりますが、「冷房」では、気温は下がってもなかなか「湿度」が下がらない時もあります。
できればお家に「湿度計」も用意して、エヤコンも「冷房」と「ドライ(除湿)」をうまく使いましょう。
50%以下が理想でしょうか・・・60%を超えてくると心配です。

【犬猫は人より体高が低い】
ワンちゃんやネコちゃんは、人よりもずっと体高が低いです。
地面からの放射熱を、人では考えられないほど受けてます。
暑くなったアスファルトは要注意、お散歩はくれぐれも気を付けて下さいね。
公園など周りより低い土地も、意外と下の方だけ暑い湿気のある空気がよどんでいたりします。

【こんな種類が・・・いやいやみんなです】
基本的には、パグやシーズちゃんのような短頭種が熱さに弱いです。
また、短毛より長毛の方が弱い。
若いより老犬・老猫のほうが注意が必要です。
だけど、若いプードルちゃんが公園で走り回って夢中で楽しく遊んでいて・・・様子がおかしいと思った時には熱中症で危険な状態に・・・って言うことが実際にお店のお客様でありました。
お散歩や遊ぶのは楽しいので、夢中になりすぎたりもします。飼い主様が気を付けてあげて下さいね。

【おかしいと思ったら・・・】
とりあえず「冷やす」のと「給水」です。
冷やすのは足の付け根など太い血管があるところを、濡らしたタオルや氷を包んだタオルで。
冷し過ぎないように良く観察しながら。
身体を触って「熱い」と感じるほど重症の場合は、頭からお水をかけて下さい。
給水は自分で飲まない場合は、慌てないでスポイドなどで少しずつゆっくり。
慌てて無理に飲ませるとおぼれたみたいになって、肺などに水を誤嚥することがあるので注意。
一番大切なのは、落ち着いてすぐにみて下さる獣医さんを探すこと。
慌てて突然行くより、必ず電話してすぐに処置ができる準備をして頂くことも重要です。

【人(飼い主さん)と犬・猫の体感温度の違い】
人も犬も猫も気化熱を使って体温を下げますが、その能力は全然違います。
人は「汗をかく」と言う他の動物にはほとんどない能力を身に付けましたが、パンティングやグルーミング、または直接冷たいものを探して身体を冷やすことしかできない犬や猫は、体温を下げる効率が非常に悪いです。
また、人は被毛が無くなって上手に洋服で調節できますが、犬や猫は基本的には「体温を逃さない」ダウンジャケット(被毛)を着たままです。
人は皮膚自体も非常に分厚く強くなりましたが、犬猫の皮膚は人の6分の1くらいしかない薄さです。身体を守るためには被毛も必要でバリカンでツルツルにすれば良いと言うことはありません。

人間(飼い主さん)が、「涼しい」とか「ちょっと寒いかな」って感じるくらいで、犬や猫にとっては「快適な温度」です。
老犬ちゃんや短頭種、大型犬などは、さらにもう少し涼しくても大丈夫です。
飼い主さんは、Tシャツ1枚じゃなくて常にもう一枚着ていると想定するとちょうど良いと思います。
当店はフードの管理もあってエヤコンはほぼマックスです。Tシャツ1枚でなんて絶対に寒くて無理です。
こうしてPCの仕事で数分身体を動かさないだけでちょっと寒いです。
それでも愛犬のシーズはちょっと動いただけで「ハァーハァー」です。
エヤコン強すぎるってこと・・・ほとんどないくらいだと思いますよ。
たま~に「エヤコンでお腹こわした」って聞いたことありますが、「熱中症で死んだ」って言うことも何度も聞いたことあるので・・・・

飼い主さんが、「暑い」って感しる時は、犬猫にとっては「死ぬほど暑い」んだと思って下さい。








人ほどニュースにならないですが、犬や猫の熱中症ってものすごく多いです。
当店はオープンして11年になりますが、こんな小さなお店でも実際にお客様のところで何頭か亡くなっています。
病院へかけこんで助かった・・・と言うような話は毎年のように聞きます。

この季節、エヤコンはボッシュよりも酵素よりも乳酸菌よりもエライんです。
皆さんご注意くださいね。

 

 

 

今日も可愛いお写真のご紹介です。

千葉県の激かわアメショー兄妹のナナちゃんハッチちゃんです。
2歳です。
いつもすごく仲良しだそうです。





二人ともおめめパッチリいいお顔ですね。
たっぷりの愛情を受けて幸せそうです。

ナナちゃんハッチちゃん、いつもありがとう。
二人がいつまでも元気で仲良く過ごせるように、頑張ります。
もっと勉強するね。
これからもよろしくね。

※主なご利用商品
ボジータ インドア
ボジータ ダイエットストマック


なんともう一人先輩がいました!

しかも・・・





ウサギ先輩!

ウサギの先輩は「ロックちゃん」だそうです。
凄いですね。
いつも3人仲良しだそうです。

ロックちゃん・・ナナちゃん・・・ハッチちゃん・・・
678ですね。
ナイスです。可愛い。

このようなお家・・・多いんでしょうかね・・・
私は高校3年生の頃からペットショップでアルバイトをしています。
昆虫のエサやりやハムスターの掃除しかさえてもらえないところから、頑張って鳥類⇒ウサギやフェレット⇒犬猫・・・って言うように一歩ずつ昇進?してきました。
私自身何でも好きで、今もカメや魚、ハムスターも飼育しています。
熱帯魚のプロでもないし猛禽類のプロでもないですが、それぞれの売り場に何年も立ってます。
サルもミニブタももフクロウも販売したことありますし、ウサギやチンチラは繁殖もしてました。
ウサギちゃんのゴハンとかも販売しようかな?と時々考えてます。
ご意見・ご要望があればお願いします。

 

お客様お写真でーす。

今日は静岡県のアリエルちゃんです。
アリエルちゃんは殺処分間近で団体さんに保護されて、今の飼い主様が里親になって下さいました。

う~ん・・・
やっぱり期限が迫ってしまったりパッケージが汚れたりの商品は、一部はお客様へのサービスにして、あとはできるだけ寄付したいです。

捨てる方が節税になるなんて・・・。
いろんなお店さんやメーカーに聞いてみましたけど、皆さんやっぱり破棄したことにしてこっそり寄付しているところが多かったです。
量が多くなるといろいろ疑われてしまうみたいですね。
あと・・・激安で団体さんに「売る」と言う方法もダメです。「低額譲渡」ってやつになってしまいます。
いろいろあるんですね・・・。

アリエルちゃんごめんね。話がそれてしまった。

この日は、お母さんの苦手なペンキ塗りをお手伝いしたそうです(冗談です)。
すごいね。アリエルちゃん。
ヤラセ?写真にしてもばっちりです。
可愛い・・・。
そばにいるだけで十分お手伝いになったと思うよ。
ペンキ塗りの後は、ちょっぴり疲れてぐっすり・・・

お誕生日ははっきり分からないけど、もう9歳だね。
まだまだ元気で長生きしてね。
いつもありがとう。





本当に幸せそうだね。
本当に良かったね。
人に捨てられる命・・・でも人につなげられる命もある。
こんなに幸せそうにして・・・
里親になられてからずっと定期的にお写真をもらってますが、すごいですよ。
顔の表情がどんどん変わってきます。
人間不信や恐怖から・・・混乱・・・安心・・・幸福・・・

私が売れ残りを寄付したからって、命を救えるわけではないけど、やっぱり捨てるくらいなら頑張って下さっている団体さんやボランティアのお手伝いくらいしたい・・・。

ドイツじゃ殺処分ゼロなんですよ。
日本は、年間何十万頭も処分しているけど、ここ数年ですごい勢いで減り続けています。

今だったら広島県!広島県がすごい!
「広島県 殺処分」で検索してみて下さい。
今日現在?で79日間殺処分ゼロ・・・
ピースワンコ・ジャパンさんって言うNPO団体さんが、基本前頭引き取りを続けてらっしゃいます。

広島県神石高原町から犬の殺処分0をめざす、Peace Wanko Japan (ピースワンコ・ジャパン)

他にも頑張ってる団体さんはいっぱいあります。
ドッグフードだってシーツだって本当にたくさん必要です。
皆さんも応援してください・・・ってなんて言える立場じゃないけど・・・。

税務上はなんだかんだ訳解りませんが、お店としては購入するより仕入れてるんだから安くたくさん寄付できます。
嫌らしいけど、多少お店のイメージアップにもなる。里親さんを紹介してもらえることもある。
しかも超微力ながら、殺処分ゼロへのお手伝いができる。超微力ながら貢献できる。
自己満足や勘違いかも知れないけど、アリエルちゃんみたいに幸せな顔をみるとなんだか実感できる。
弱小店だし経営は下手、輸入品だしコダワリすぎた品揃えは、欠品や過剰在庫も多くなりがちで、どうしても期限が迫ってくる。

どっからどう考えても捨てるより寄付した方がいい。
破棄した方が節税になるなんておかしい。
そんな訳解らない税金取りに来るんだったら、私達業者からだけでも「ペット税」みたいなの取ればいい。

ちなみに先ほどのドイツをはじめ、日本以外の先進国では、ほとんどあります。
「ペット税」。
一般の犬や猫を飼育している人が支払わなければいけません。
でもいろんなところで、いかされます。
今は税金をいくら払っても、動物達へはほとんどいかされないので、各団体さんへの寄付くらいしかできません。