店長日記

293

友人が勤めていたペットショップ(ブリーダー)のオーナーさんが亡くなり、たくさんのワンちゃん達が取り残されました。
順次里親に出しましたが、老犬や病気のあるワンちゃん達が残っていて、里親さん募集です。

http://www.happyhouse.or.jp/owner/archives/2014/09/12526.php

 

実は、私が高校3年生の時から大学卒業までアルバイトをしていたお店で、その頃からの友人です。
ここのお店は、自家繁殖(ブリーダー)で生体の販売をしていました。
そういうお商売をしていると、繁殖を引退したワンちゃんは、安く販売したり里親に出すことが多いです。
でも全部いたみたいです。
また、たくさんの犬を販売していると、病気や障害のあるワンちゃんも出てきます。
それと、ここのお店さんは、保健所から保護したワンちゃんもいました。
良く言えば、心優しいオーナーさんだったのかもしれませんが、私の知っている頃から、自分はたまに顔を出してヨシヨシする程度で世話する苦労は解ってくれませんでした。

結果、70頭ものワンちゃんが残されました。

善意と責任感のある元スタッフ数人で世話と里親探しを続け、あと15頭になりましが、のこったワンちゃんは老犬や病気のあるワンちゃん達で行き詰っています。
オーナーさんに借金があったため、差し押さえられるようなかたちで、食事の世話もできない日があり、その時から弁護士さんに相談しており、弁護士費用・管財人費用もかかっています。
弁護士・管財人費用については、亡くなったオーナーさんの唯一連絡の取れるご家族である息子さんが協力してくれていますが、大学出たばかりの息子さんで・・・。
元スタッフも数か月分お給料ももらえていませんし、みんな生活もあって厳しくなってきています。
家賃や光熱費、ワンちゃん達の食事など、すべてにおいて限界が近いように思います。

里親さんは大阪まで来ていただける方限定になるかもしれません。
現在も法的な問題で、すぐには里親に出せません。

どうぞよろしくお願いします。

中途半端で無責任な考えでワンちゃんをどんどん増やし、赤字続きでお店の運営はボロボロ、他の事業でも失敗、自分はお酒大好きでアルコール中毒、はっきり言って大嫌いで大喧嘩して辞めました。
でも、ここで働いた5年間は、私にとってはすごく大きく、いろんな経験を積みました。
大っ嫌いなダメ社長にも、誰よりも可愛がってもらい、正しいことも間違ったこともいろんなことを教わりました。
今思えば、私もただのチンチクリンの動物好きなだけのおバカ大学生でした。あの社長じゃなければダメだったかな・・・。
亡くなった人の悪口言いましたが、大っ嫌いだけどちょっとだけ大好きです。ほんのちょっとですよ。
なぜでしょうか・・・ここのお店の卒業生、私をはじめ何人も独立して自分のお店してます。
しかも当時誰も想像できないような、チンチクリンのおバカ大学生の私や、さらにおバカな金髪ヤンキーのトリマーまで今大人になって自分の店持ってます。すごい。
絶対に認めたくないですが、彼がいなければ、今のペットバルも私も無いかもしれません。
めちゃめちゃのボロボロになったしまった後始末、できる限りのお手伝いと恩返し、頑張ります。
 

 

 

 

私は、いつもお商売ばっかりでなくて、可能な限り「みんな元気で長生きできるように」と頑張っているつもりです。
難しいですけどね。

世の中何でもお商売ですよね・・。
数年前からずっと探しているサプリメントがあります。
「癌」にいいサプリメントです。
ひどい言い方すると、人の不安や不幸に付け込むお商売だと思います。
だからこそ、勉強したり、いろいろ調べてます。
ちょうど自分の愛犬でその手の病気があるので、本気でお客様の気持ちになって勉強できる一番のチャンスなんです。
実際に、メーカーさんに電話したりして、人柄や対応も見て信頼できるものを探しています。
ゴールデンやラブちゃんの老犬で脂肪腫のワンちゃん多いですし、乳腺腫瘍なども多いので、何人かのお客様に差し上げたりサンプルを取り寄せて試して頂いています。
今のところ、期待も込めて「悪くなっていない」とか「大きくなるのが遅くなった?」と言う感じです。
いい加減なお商売はしたくないので、できるだけ頑張ります。あと半年か何年後かには、何か販売を始めたいです。

最近、動物病院ってたくさんありすぎて大変そうですよね。
動物病院なのに、「ポイントカード」があるところ多いです。
処方食などフードのカードだけかと思えば、ワクチンやフィラリア・ノミダニ予防までポイントが貯まります。
先日、とうとう治療費までポイントが貯まるというお話を聞きました。
そんなポイント貯めたくない・・・。

皆さん、「ペット保険」って入ってますか? よく相談されるのですが、私はおすすめも反対もしません。
とっても助かることも多いですが、いざと言う時に「使えない」なんてことも多いですよ。
当店のお客様では、抱っこしていて落下して膀胱破裂で大変だった方がいました。
落としたということで、「飼い主様の過失・不注意」ってことで保険が適用外でした。
落ちていたゴムを飲み込んで腸閉塞で開腹手術したワンちゃんも、「誤飲・誤食はダメ」でした。 
契約書を良く読むと、大体「飼い主の重大な過失は適用外」って書いてます。
どこまでが「重大な過失」でどこからがそうでないのか、結局その時に言われてしまう感じです。
契約書にも「誤飲誤食」がどうかとか「落下」がどうかとか詳細は書いてないような気がします・・・。
それに・・救急病院などでは「時間外手数料」みたいなのが高額なのですが、あれも大体ダメですよ。
保険会社もたくさんあって、私は全部調べてませんので、確認してくださいね。

それと・・・以前の勤め先で、ある保険の窓口になっていました。
仔犬が売れた時は、できる限り入って頂くよう上司からこっぴどく言われました。 
「ペットバル」を始めた時も、バルでも契約して窓口になってました。
私は、おバカで知りませんでした。お金もらえるんですね。
毎月毎月、飼い主様が保険金をかけて下さる限り、ず~っとその何%かが私の口座に入ります。
そういうことか。なんだ、それだけか、それであんなに言われたのか・・・。
それを知ってやる気が無くなった私に対し、営業マンはその%を上げるだの下げるだの交渉してきます。
別に偽善者ぶるわけじゃないですけど、そんなもん要りません。
いらんから、バルで加入すればお客さん得するようにしてほしいですよね。
まあ、弱小店で大したお金にならないからそう思えただけで、私が大きなお店の社長さんとかだったら違ったでしょうか・・・。
加入してもらったらお店にお金が入り続けるなんて、本当に知らなかったんです(笑)
そうですよね。「保険」だってただの商品でお商売だったんですね。
入会金の一部を少しもらえんのかな~とかは考えたことあったんですが・・・。
超世間知らずでした。 なので、嫌になって窓口になるのも特におすすめするのもやめました。
保険が全部だめだとは言ってませんよ。すごく助かることも多いですよ。

先日、ペットの火葬・葬儀屋さんが営業に来ました。 
けっこう来ます。どこも同じようなこと言います。
なんだか・・お客さんを紹介したら・・なんだとかかんだとか・・・。 
そんな大切なものを、自分で利用したこともないし見学もなしで、こんなお商売の話だけで、お世話になったお客様やワンちゃんに紹介するわけないだろ!
「ご紹介頂けると~~」って言う私のお小遣いの話ばっかりで、そこの火葬場のいいところは全くわかりませんでした。
ちなみに、私は和歌山の「アニマルレストガーデン」さんをご紹介しています。
お金は1円も頂いていませんが、自分の愛犬達の火葬でもお世話になっておりますし、すでにお店から何件もご紹介しています。 いいところです。
けっこう、ひどいところもあるので、調べた方がいいですよ。
先日もある火葬場で、スタッフの取扱い方や態度がひどく、途中でやめて相談に来られたお客様がありましたよ。

関係ないですが、お店で訓練士さんをポスター貼って紹介していますけど、1円ももらってませんよ。
ただ本当にいい人だから紹介しています。
お金もらっちゃいけないわけでもないですし、お金もらわないと続けられないです。
でもそれだけの価値があるのもや、「元気で長生き」につながるものしか売りたくない。
本当に自分が良いと思うものしか売りたくないです。
逆に、1円の利益が無くても、「良いものは良い」って紹介したいです。
訓練士さん(レッスンWAN)や火葬・葬儀屋さん(アニマルレストガーデン)さんのように、「保険」も1円ももらわずに紹介できるところがあればいいのですが、今のところ無いと言うか知りません。

そう言えば、最近愛犬の手術をしたんですが、傷口を舐めないようにする「エリザベスカラー」ってすごく嫌がりますよね。
あれ物理的な問題だけでなく、「音」の問題もあるようです。
私もやってみました。両耳に画用紙くるくるしてメガホンみたいにすると、ボワ~ンって耳が変になります。
不妊など手術後に着る洋服ってあって、購入してみましたがかなりいいですよ。
口で舐めるだけでなく、後ろ足でカイカイするのも防げます。
それと、「ムーンカラー」と言って空気を入れて浮き輪みたいなのがあるんですが、あれも従来のエリザベスカラーに比べると全然嫌がりません。
耳も出ているので音の問題もなさそうです。
両方ともすごく良いもので、当店でも取り寄せることは可能ですが、他で探して頂くほうが早いと思います。

今日も何の日記なんだかわからなくなりました。

暑いですね。
ワンちゃんも熱中症には十分注意してくださいね。

またチョイ辛口日記です。
いいのか悪いのか解りませんが(タブン悪い)、「本音」をお話します。

最近近所の美容室が続けて2軒ほど閉店なされたようです。
お客さんが流れてきます。
当店のお客様のご紹介か、なぜか獣医さんからのご紹介です。
当店もトリマーは妻一人ですので、なかなか受け入れることができませんが、予約の関係で続けて何名様か新規のお客様におこし頂きました。

ワンちゃんの状態が良くないです。
特定のお客様のこと言ってませんよ。みんなってこともないですが・・・
8歳~9歳で若くはないですが、それでもあまり良くない。
肌が・・・歯石・歯肉炎が・・・もつれが・・・肥満が・・・
ワンちゃんが可愛そうすぎる。
何が悪いんだろ。誰が悪いんだろ。もうちょっと良くならないかな・・・。
当店のお客様にはこんなワンちゃんいないよ。

飼い主さんは・・・・
わかんない?  そうかな・・・。
おい、今までの美容室さん、トリマーさん!オーナーさん!ずっと来られたそうじゃない、どうにかしてあげられなかったかよ。

ワクチンやフィラリアはきちんとしてるみたい・・・。
おいおい獣医さん!どうにか指導できないのかよ・・・。

あ~かわいそうだ。
何だこれ。
飼い主さんは、意外と普通だと思っている。「もう9歳だから・・・」
いえいえ!まだ9歳ですよ。

私はトリミング料金を頂くのを忘れるくらい、お話しさせて頂きました。
「すぐにでも病院へ行って下さい。」・・・そんな時もありました。
今から私が連れて行きたいくらいだ。

私はこんな調子で言いたいこと言いまくるので、状態の悪いワンちゃんの飼い主様が来なくなっちゃうことも多いです。
だってこれだけ言われて、病院も行かずに同じ状態で来れるわけないですから。
別に当店へ来なくてもワンちゃんの状態が良くなるならいいです。
でもタブンならないから、できるだけ感情を抑えて・・でも抑えきれない・・でも頑張ってお話しさせて頂いた。
同じ年齢の当店の看板娘の歯や肌をお見せしました。

わかってください。
お願いします。
まだまだ元気で長生きできますよ。


逆に思うと、トリミングから食事までフルサポートさせて頂いている当店のお客様のワンちゃん達は、すごい!
めっちゃ若い!とってもきれい!素晴らしいことに気づきます。
本当に全然違います。平均すると全く違います。
失礼ですが、他所のからのワンちゃんはすごく年をとってます。
特に8~10歳くらいのワンちゃんで見ると、全然違うんです。
やっぱりボッシュは偉大だ。ナウは素晴らしい。ミッシングリンクは完璧だ。シャンメシャンはなんて優しんだ。

同時に、こんな私を信用して下さっているお客様に感謝します。
ゴハンを代えて下さったり、おすすめするサプリを使って下さったり、時には病院へ行って下さったり・・・
また、下手なカットでガタガタなのに、いつもご予約でいっぱいにして下さって本当に感謝します。
それと自分は、自分のやり方で間違えてなかったんだと改めて思います。
当店のワンちゃん達は、本当に健康状態がいいです。どこにも負けないかも。
売り上げはぼろ負けでも、これは素晴らしいと思います。
難しいですけど、もっと頑張ります。

接客業なのに接客が苦手な私と、トリマーなのにトリミングが苦手な妻でもうすぐ9年になります。
カットがもっと上手なお店は近くにいくらでもあります。
料金がもっと安いお店もすぐそこにあります。
接客が得意なオーナーさんと、トリミングが得意なトリマーさんからすれば、こんなお店が続くのは理解できないと思います。
これからも、みんな少しでも元気で長生きできるように頑張ります。

 

店長の加登です。
今日は、尿道結石(特にストラバイト)についてのお話です。
久しぶりって言うか初めてお役に立てるかもしれない日記です。
でも私が自分で調べて自分でやってみて自分で感じたことですので・・・

尿道結石のワンちゃん、特にネコちゃんめちゃくちゃ多いです。
結石にはストラバイトとシュウ酸があるのですが、ほとんどがストラバイトです。
ですのでどちらかと言うとストラバイトのお話です。
フードがどうとか、病院がどうとか・・・そんな商売くさい話ではなく、お家でできるお話です。
獣医さんって治療しかしない先生多いですからね。
まるで治療したいみたいに思うことがあります・・・。

ストラバイトは、オシッコのPHが高い(アルカリ)に傾いた時にミネラルが解けずに結晶になってできる問題です。
実は健康な仔でも、1日の間にオシッコのPHは6.0~8.0前後に変化しています。
8.0のオシッコなんて病気だという先生もいましたが、おバカみたいに自分の愛犬のオシッコのPHを測りまくるとそうです。
私の愛犬3頭ともそうだし、だれも病気じゃないです。
ただ、「8.0のオシッコが1回出た」時のお話で、先ほどお話ししたように1日のうちでも「変化」しています。

どのように変化するかと言うと・・・いろいろ複雑なのですが・・・
〇空腹の時は、下がります。 (食後2時間頃をピークに上がります)
〇運動中は、下がります。  (運動しないと上がります)
〇ストレスや緊張は下がるようです。  (リラックスは上がるようです)

これを考えて頂くと、なぜ現在こんなにストラバイトのワンちゃんやネコちゃんが多いのか分かります。
生活習慣で予防できる点も多いんですね。
(もちろんバイキンも関係していたりするのでこれだけではないですよ)
例えば、野生の肉食動物を見てください。
下手すれば数日間獲物にありつけません(空腹=PH下がる)
獲物を追ったり、追われたり・・・(運動・緊張=PH下がる)
一方家庭のペット達は・・
決まった食事しかもオヤツまである(満腹・空腹が無い=PH上がる)
いつも安全・安心・刺激が無い=PH上がる

なかなか病院へ行っても治らないところは、考えてみてください。
置き餌とかオヤツだらけ+散歩無し・・・なんて生活では治るもんも治りません。

ちなみにPHはお家でも測れます。
こんなの売ってます⇒ロールPHチェッカー
測りまくってもわからないので、例えば朝起きて食事前のお散歩のオシッコを測るといいですよ。
この時って空腹+お散歩で一日のうちでもPHは一番低いはずです。
このオシッコが「8.0」とかだとそれは心配です。
でも晩御飯の後、就寝前とかは高いはずです。
病院でオシッコのPHの検査して、食事の時間とか何も考えずに「高い」とか「低い」とか言ってる先生は・・・
実は、もう何年も前に亡くなりましが私の愛犬「バル」がそうだったんです。
毎週毎週病院へ行って、「今日は高い」「今日は低い」なんて先生言ってたんで、自分で測ってみたんです。
当時大学生の私は熱帯魚オタクでPHなんて動物病院よりも簡単に細かくデジタルでピッピッって測れたんです。
じゃ1日のうちでも全然違うことがわかりました。
夕方の食事前に、サッカーしてた私とハスキーのバルですから、坂道ダッシュ10本くらいして病院へ行くと「治ってきてる」って言われるんですね。

オシッコのPHを点ではなくて波で考えて、できるだけ酸性(低い)方に傾けるように心がけてくださいね。
治療や予防において、全然違ってきますよ。
運動不足と間食はNGです。(真夏のお散歩は考えてくださいね)
あと・・・よく聞きますが「うちの子小さいから運動はいらない・・・」はちょっと違います。
大きさなんて関係ないですよ。
学校では身長に関係なく体育の時間はあったと思います。
「身長170以下の男子は運動しなくて良い」なんてことはないです。

今日は、ペットショップの本音です。
ペットショップの永遠の課題です。
言いたくても言えないお店さんがほとんどですが、私は言っちゃいます。ダメでしょうか・・。

ワンちゃんに・・・
「店内でオシッコさせないで下さい。」

はい。犬なんである程度仕方ないです。
美容室の行き帰りに、1度や2度はやってしまうこともあると思います。仕方ないと思います。
でも次からは、お家でさせてくるとか、抱っこしておくとか、マナーベルトするとか、頑張ってしつけるとか・・・。
これを言うと・・・店員の癖に生意気だとか、客に対して言うことかなど・・・いい気をさせないことも解ってます。

ほとんどの方は謝って下さって、もちろん次から気を付けて下さります。
でもひどい場合は、オシッコしたことを言っても下さらないですし、
「またしちゃいましたね」→「あらそう。」ってくらいです。
飼い主様は全く気にされていないので、店内はオシッコだらけです。
私は、雑巾と消臭剤を持って、ワンちゃんと一緒で四つんばいになって店内をはいずり回ることになります。
犬はお客様ですが、次々となされるオシッコをずっと拭いて回ってるとなんというか・・・泣きそうになりますよ。

四つんばいになって床拭くくらいいいです。
商品がダメになるのは厳しいです。
ひどいワンちゃんは大抵男の子ですので、チャ~っといくとかなり広範囲に飛び散ってます。
染み込んでしまう紙のシールが付いている商品は完全にダメですし、
その他も消臭剤で拭いても、もう売れません。
当店でも、ドライフードだって大袋ですと¥18000とかします。
重ねているので2~3袋ダメになります。
缶詰なども重ねてキレイに並べているので、1個¥400くらいの缶詰が何十個もダメになったりします。

お客様と言い合いになって、お客様の目の前でわざとゴミ箱にバンバン商品を捨てまくったこともあります。
弁償すると言う方もいますが、そういう問題でもないです。
それと・・・1万円を超えるあたりから大抵のお客様はいつの間にかいなくなってます。
(実際は捨てずに事情を説明して愛護団体さんに寄付します)

「犬が来る店なんだから、こんなとこに置くほうが悪い」って言われたこともあります。
努力はしてますよ。商品棚の一番下はできるだけ箱や引き出しにしてオシッコがかからない在庫置き場にしています。
人気エリアの通路の角はビニールシートを張ってます。
大袋のフードもシートでかぶせています。
それでも酷かった時期は、当店みたいに小さいお店でも、月に2~5万くらいはオシッコでダメになってました。
昨日だってカットのあとレジの前でやっちゃったワンちゃんはいましたが、
「やっちゃった」くらいですと陳列の工夫などこちらの努力で商品は大丈夫です。
男の子で酷い場合は、足上げて犬からすると缶詰なりフードなりめがけてかけようとしてかけているので、
こちらの努力だけではなかなか防げません。

バルをオープンさせて最初本当にお客様が少なく全然ダメで頑張って頑張って我慢して我慢してましたけど、ある時本当に酷くて我慢できなくなって、帰ってくださいと言ってしまいました。
「わかってくださるお客様だけでいいや」と決めてから・・・・
考えてみると、当店は去年一回もオシッコで商品ダメになってないです。
これでも18年?この仕事してますが、初めてですごいことです。

そうなんです。
永遠の課題と言いながらも、当店は7~8年くらいかかって解決してしまいました。
本当に話を聞いて下さってマナーが良くなったというのもありますが、
実際のところは、そういうお客様は来なくなったと言うのが正しいです。
それだけでもお客様を減らしてますし、私のことも大嫌いだと思いますので評判も悪いでしょうね。
それと自分の中で、嫌な店主になるだけでなく、心にゆとりができました。遅いですね(笑)。
商品がダメになった時に、「愛護団体さんに寄付できる」「ワンちゃんを助けられる」って思うようにしたんです。
その方がしっかり伝わるし、ご理解頂けて、ずっと応援して下さる良い常連様になります。
その結果、お客様追い出すような店主なのに、本当に当店のお客様は皆様いい人ばっかりです。
すごいですよ。こんなお店見たことないです。
感謝しています。



オマケ・・・
お届けの商品にオシッコがかかっていることは無いです。
もうされなくなりましたし、万が一今後されても寄付できるので販売しません。
管理は、私だけでなく、お店の愛犬達もしていて、私の視覚や嗅覚で気が付かなくても、
彼らが教えてくれます。「ここ誰かシッコしてるで・・・」って。

今日はワンちゃんの歯石取りのお話です。

最近の獣医さん・・・やたら「歯石取り」をするし、すすめまくります。
確かに歯石が良いわけないのは解ってますが、あまりにもヒドイと感じることもあります。
毎年取るようにすすめたり、私は獣医じゃないので解りませんが、全身麻酔して取るほどかな?って思うこともあります。

年をとってくると、ある程度は歯石もできるし、歯がグラグラしてきたりします。
歯周病って状態で、歯と歯茎に隙間ができてきている状態です。
歯石も多少はみんなできるし、グラグラもほっておいてもそのうち抜けてしまいます。
でも、ごくまれですが、歯のバイキンが血管から入って心臓や脳で悪さし大変危険な状態になることがあります。
正直言って、むか~し昔は、今ほど「歯石取り」なんてしなかったですが、そんなことは滅多にないです。
滅多にないですが、ゼロではないです。
ですので、獣医さんにすすめられて、「ホントにしないとダメですか?」ってご相談がすごく多いですが、
「しなくても大丈夫だろ」って思いながらも、「しなくていい」とは言えないです。
グラグラも一緒で、大抵はそのままでも勝手に抜けますが、安易なことは言えません。
病院で抜いてもらった方が安心です。

獣医さんの歯石取りってほとんど全身麻酔ですよね。
そうでないとできないんです。
最近一部の美容室のトリマーさんは、麻酔なしで歯石取りをしてます。
やっぱり犬の扱いは、トリマーさんが一番「プロ」です。
実は当店でもできないかと思って少し調べています。
でもちょっと難しいですね。
歯石取りってなるとかなり医療行為に近いので、何かあった時に責任をとれるのかってとこです。
さっき言ったバイキンが心臓や脳で悪さをするお話しなんですが、実は「歯石取り」がきっかけになる可能性もあります。
獣医さんのやり方にもよりますが、歯石取りの日程が決まるとその5日くらい前から5日後くらいまで口内に良く効く抗生物質を出す病院がほとんどです。
歯茎を傷つけて出血したり、目に見えない傷もいっぱいできるし、歯が抜けてしまったりしますからね。
歯石取りをしている美容室では、まずそこまでしてません。

大切なワンちゃんをお預かりするわけですから、責任の持てないことはできないですし、お店としてもそのリスクは怖いです。
ある獣医さんに「そんなことして責任持てるのか?」「麻酔なしでできるわけない」って叱られました。
と言っても・・・トリマーさんって動きまくるワンちゃんをめちゃめちゃ切れるハサミでカットしているので、そっちの方がよっぽど危ないことしてますけどね。
それに、トリマーさんって採血とか歯石取りくらいすぐにできますよ。慣れれば獣医さんもビックリするくらい一人でちゃっちゃとできると思います。
何度も言いますが、あのハサミで全身カットなんてもっとすごいことです。
獣医さんがカットしたら全身血まみれで死んでしまうと思います。当たり前ですが・・・。
ちょっと「トリマーちゃんを舐めんなよ」って思ったりしましたが、それでも私のお店でするなら、「獣医さんより犬の扱が上手なトリマーによって麻酔なし」でなおかつ、バイキン対策でお薬を処方+血液検査・・・くらいはやりたいです。
だから無理です。残念。

とりあえず、予防ですね。
当店では、「ワンコ歯石トルン」をおすすめしてます。
この日記でもむか~し昔に実績の写真入りで紹介していますよ。

こんにちは。
店長の加登です。

今日は、「恐怖の扉」のお話です。

「恐怖の扉」とは、お店の出入り口の内側に作った木製の扉のことです。
何のためにあるか・・・って言うと、ワンちゃんの脱走防止です。
ワンちゃんの美容室で、一番大切なことは、カットの技術でもなんでもなく、何があっても「絶対脱走させないこと・怪我させないこと」です。
私は初めから「下手ですよ」って言っちゃったりします。
妻がトリマーなのですが、私がバルをオープンさせてからトリマー学校へ通い、他店では働いたことも無いですし、学校以外で教わることもありません。
だから本当に下手です。
それでもおかげ様でいつもご予約でいっぱいなのは、ワンちゃんを大切に思う気持ちだと思ってます。

「脱走」ですが、美容室やホテルなどお預かりする際には十分な注意が必要です。
車にひかれてしまったという話も聞いたことあります。
そんなことあるのかと思いますが、あるんです。
飼い主様からの受け渡しの時とかですね。
ちなみにワンちゃんやネコちゃんがパニくってしまう動物病院も多いので気を付けてくださいね。

ですので、もしももしも「あっ!」ってなっても、最後の最後にこの扉があれば、防げるのです。
偶然お客様のご来店があって外の自動扉が開いても、この木製扉はバネになっていてすぐに閉まるので外に行ってしまうことはほぼ無いです。


では、なぜ「恐怖」かと言うと・・・
ご来店するお客様が激減するからです。
恐ろし過ぎて外からの写真はお見せできませんが、外から見れば一目瞭然です。
完全にお客様を「通せんぼ」してます。
初めてのお客様は、入っちゃいけないみたいに感じます。
むか~し友人とお店のセミナーに行って来たことがあります。
ご来店を増やす方法として、「入りやすい入口」「入りやすいお店」を目指すよりも、「出やすい出口」「出やすいお店」を目指すべきだと習いました。
その通りなんです(笑)
当店なんて、わざわざ「出にくい」ようにしてます。
ぶらっと入ってしまったお客様なんて、出るタイミングが無いんです。
「キィ~」って開けて「バッタン」て閉めないと出られないのです。

10年以上前ですが勤めていた時に、やっぱりホテルのワンちゃんをお返しする時に、ワンちゃんが飼い主様にも気付かずダッシュしてしまいました。
来店が多くなるように(出やすくて入りやすい)入り口は開けっ放しだったので、外まで行ってしまったことがあります。
上司に、「危ないから入口は閉めておきたい」って言ってめちゃめちゃ叱られたことがあります。
「お返しの時に気をつけろ」って言われましたが、それは当たり前で、受け渡しなのでお客様のミスもありますからね。

当店のこの扉は5年くらい前に設置しましたが、本当にご来店はめちゃくちゃ減ります。
ビックリするくらい減ります。
8年前のオープンした時から付けていたら、オープンしてなかったかもしれません。
経営的に考えると、滅多にない「脱走」なんてリスクより、こっちの方がずっと深刻で、普通の経営者からするとかなりのおバカです。
もちろんご来店を減らさずに脱走を防ぐ方法も考えましたし、陳列棚とかを工夫して、入り安やすくて出にくいようにも多少はできますが、一番はやっぱり「入りにくいお店」にすることなのです(笑)。


以上、カットはガタガタで下手くそでも、ワンちゃんは大切にお預かりしますってお話です。
時々「恐怖の扉」を付けてる立派なお店があります。
そこは、「」で勝負してるお店です。

いつもありがとうございます。

昨日、獣医さんとお話をする機会がありました。
少し気になることがあったので聞いてみました。
「免疫性溶血性貧血」って言う病気についてです。
珍しい病気なのですが、今年当店のお客様の中でも3例もあったので・・・。

やっぱり今年は多いようです。
「異常気象」が原因じゃないかとのことでした。
10月末まで30℃を超すような日が続いたかと思えば、秋が無くて急に冬になったように感じます。
台風や雷・豪雨、竜巻などもすごく多かったですよね。
それらの気温や気圧の異常で、身体の調節がうまくいかず、そういった病気につながるそうです。

「免疫性溶血性貧血」は、自分の免疫作用で自分の血液を壊してしまい、重度の貧血に陥る病気です。
(自分の赤血球を有害なものだと身体が判断し、自ら壊してしまう)
死亡率も高く、治療も難しく長引きます。
ここで書くことに抵抗もありましたが、当店のお客様も1例は完治、1例は命の危機は乗り越えましたが闘病中、1例は亡くなってしまいました。
そんなお客様を例にあげるなど、たいへん失礼かもしれませんが、少しでも皆様とワンちゃんのお役に立てればと、お話しさせて頂きました。

残念ながら病気に勝てなかったお客様は、メールでご相談下さってました。
いつもご注文のたびに、最近のイタズラ話やその他近況をお話して下さってました。
一番初めは、「夏バテかな?」って言うお話がありました。
私は、いつも元気なワンちゃんなのに、「すぐに病院へ行ってください」と言わなかったことを、後悔し反省しています。
それもあって、獣医さんに教えてもらいたかったんです。

はじめは、「なんだか元気が無いかな?」程度の症状です。
ですので、飼い主さんは気が付かなくて当然です。
食欲不振、元気喪失、疲れやすいと言った症状が初期にあります。
貧血ですので、目の下(下瞼)や歯茎・ベロの色が薄くなります。
手足の先が冷たく感じることもあります。
ひどくなるとオシッコが赤くなったり、黄疸で体が黄色くなることもあります。
雌に多いです。2歳~3歳から8歳くらいまでに多いそうです。
昨日聞いた先生の話では、マルチーズやスピッツなど白いワンちゃんに多いそうです。
大きなワンちゃんほど、発見が遅くなったり治療が難しくなります。
直接的な原因は不明です。これと言った予防はできません。
もしこの病気になったら、できるだけ経験や症例の多い獣医さん、輸血などの体制が整った獣医さん、できるだけ預かってくれる(入院)獣医さんへ行くべきです。

それほど多い病気ではありません。
でも偶然か当店のようなお店で私が知っているだけで3例もあり、獣医さんでも明らかに今年多いとのことです。
これから年末年始に入ります。
「おかしいかな」って思ったら、早めに獣医さんへ行ってくださいね。

高級ホテルとか百貨店の食品偽装(誤表示らしい・・)ひどいですよね。
「儲ける」と「儲かる」を一緒にしちゃダメなんだと思います。

私は、真面目にコツコツ頑張って、いつか「儲かったらえ~なあ~」って思ってます。
以前勤めていたころ、毎日毎日「売り上げ!売上げ!」で、よく上司に叱られました。
「甘ったれてる」「ぬるま湯に使ってる」・・・・
彼らに言わせると今の私は、完全にぬるま湯で半身浴状態です(笑)。

お店では、お客様に「商売っ気ない」ってよく言われます。
褒め言葉であることもありますが、反省しないといけない場合もあります。
例えば・・・
早食い防止の食器・・・「早食いは胃捻転の原因になり危ないですよ」とだけお話しすれば売れますが、なにかずるくて嫌なんです。
胃捻転って言ったって他にも原因があるでしょうし、普通の食器でも中にボールを入れたり、一番良いのは、わんこそば方式(ダジャレ)で何度かに分けて与えることです。
挙句の果てには、「これは初期のものでおしゃれで高価ですが、大きなお店さんには安いのもいろいろありますよ」。
ここまで言っちゃうとほとんど売れません。
びよ~んって伸びる伸縮性のリードも、「5メートル伸びます。油断して操作を誤ると道路の反対側まで伸びるので危険ですよ」って必ずお話しするのでほとんど売れません。
基本オヤツは与えなくて良いと思ってますし、洋服は飼い主様の自己満足でほとんど犬にはいらないと思ってます。
お店ではレジまで来て、私のお話でUターンされることはとても多いです。

逆に「ミッシングリンク」なんかですと、すべての飼い主様に是非ご利用頂きたいので、必死で30分でもひつこく接客しています。
そんなお客様には、また全然違う印象を与えてると思います。

本当にワンちゃんやネコちゃんの健康を考えて、真面目にコツコツ頑張って、結果的に「いつか儲かったらえ~なあ~」って思ってます。
私は別にお金持ちではなく、年収もタブン平均以下で、必死のパッチでお店して生活しています。
2年前に結婚したので責任もあります。
妻のお父さんに結婚のご挨拶に行ったときは、「いつか儲かったらえ~なあ~って思ってます」なんて言えないのでどうしようかと思いました(笑)。

私はずっとサッカーをしていたのですが、昔よく監督や顧問に「お前はくそ真面目でおもろない」って言われました。
確かに練習も誰よりも真面目で頑張っていましたが、なぜ叱られるのか全く分かりませんでした。
ところが最近テレビで高校~プロのサッカーを見ているとやっと分かったんです。
点を取ったりチャンスを作ったりする本田選手や香川選手は、視野が広くてアイデアが豊富で、トリッキーでおしゃれで・・・たまにサボってるように見えたりするのですがココってとこで力を発揮します。
分かりやすく言うと、私は常に必死でボールを追いかけて決められたことは淡々とプレーするのですが、決められたことしかできず、視野が狭く・・アイデアも無く・・・。
必死なのですが「そんな必死にならなくても・・」みたいな感じだったんですね。

もちろん今までも心からおすすめできなかったり、自分の愛犬に食べさせることができないようなものは販売していません。
でも伸びるリードなどは、少し危険だと思うのでちょっと心配です。
「じゃ売るなよ」ってことで取扱いを辞めます。
安全性だけご注意いただければ楽しいお散歩ができますけどね。
食器もこれだったら少し工夫すればいいし、わんこそば方式が一番だと思いますので・・・。
コチラ⇒特価品コーナー

ちなみに私の母校「阪南大学高校サッカー部」は、私の頃とは違って今はとても強くなって全国大会に出たりしてます!(くそまじめに学歴まで公表・・大学も阪南です)
私は、センスの塊みたいな選手より、「くそ真面目でおもろない」選手を見つけては応援しています。
人よりずっと頑張ってるんだけどね・・・。まあ私はアドバスできるようなレベルじゃないし。
でもそのままでいいと思うよ。頑張れ!

またどうでもいい話になりましたが、ようは食品偽装の件を受けて、心を改めて頑張りますってことです。
くそ真面目でおもろないかもしれませんが、コツコツ真面目に頑張って、何か迷った時は必ずお客様が得する方、お店が損する方を選びたいと思います。
くそ真面目・・・サッカーでもずっとそうでした。サッカーでは一流にはなれませんでした。お店もそうかもしれません。でも私にはそれしかできないです。
今特にボッシュでメーカー欠品が多くなってます。代用品などできる限りのことはします。お電話等でご相談ください。
でも、このままでは、妻のお父さんに合わせる顔が無いので、コツコツ頑張って、いつか儲かったらえ~なあ~。

また長い間、日記を書いていませんでした。
「あ~あ」って思って今までの自分の日記を読んでみました。

・・・

また「あ~あ」ってなりました。
文章力無い。
意味不明。

そして何より
「長い」。

ですので今日は短く。びしっと。

「ペットショップで売れ残った犬や猫は、動物園のライオンのエサになる」

これは「嘘」です。
信じている人がいますが、「嘘」です。

「売れ残ったら、処分する」

これも「嘘」です。
ただ残念ながら、それをして摘発されたブリーダー?はいます。
でも普通は、そんなことしません。
そんなの従業員が耐えれるはずがないです。


じゃどうするの?
1、従業員が連れて帰る。(入社して5頭6頭って連れて帰って、いろんな意味で耐えられず、しばらくで退社って人多いです)
2、ブリーダーに返す。(ブリーダーは繁殖犬に使う・産まれた仔犬を1頭もらう)
3、いい人見つけて、激安もしくは無料でも差し上げる。(2000円で販売したこともありますし、差し上げたこともあります)

どちらにしてもあまり良いことではありません。
でも「処分」なんてしませんよ。

「人」ってこういう噂とか好きですよね。
「売れ残った犬は従業員が連れて帰る」・・・・って言うのは何も面白くなくて都市伝説にはなりませんからね。
なんだか嫌です。
大阪人の話には「落ち」があります。
「あのさ・・・・売れ残った犬がいてさあ・・・」
「店長と社長がなんかコソコソ話していてさあ・・・」
「で、どうしたと思う・・」
「みんなが分からんようにさあ・・こっそり・・・・・店長が連れて帰ってん」
これだと「落ち」が無いですからね。

それと、バルは、いろんなことがあって生体の販売はしません。
うわっ、また長くなってきてしまったの失礼します。

ちなみに・・・我が家のプードルもシーズもチワワも(H店長ごめんなさい半年以上たってたんで)
売れ残り・・いいえ、「運命の出会い」です。

前回の丸坊主イヤイヤのお話は反響が多くてビックリしました。
何よりこんな日記を読んで下さっている方が多いのにビックリして恥ずかしいです。

「バル」って私が小学生の頃から飼っていたシベリアンハスキーの名前です。
ハスキーなんて流行らしたペット業界や、安易にハスキーを飼い始めた人によって、かわいそうなハスキーがいっぱいいました。
だってマイナス何度って世界で犬ぞりしている犬ですよ。
暑いし、飼い主さん引っ張りまわしてそのたびに「あほ犬」とか言われて・・・。
もちろんバルは最後まで大切にしましたよ。16歳と10ヶ月で亡くなりました。
いつか私もあちらへ行ったら、シベリアでバルと思いっきり犬ぞりするのが夢です。
バル、雪の上走りたかったよな。みんなで北海道でも引越せばよかったな。ごめんな。

ハスキーも一時多かったですけど、今は愛護団体さんや里親探しのサイトなんて見てると、意外とボーダーコリーとかセッター系なんかが多いです。
ボーダーコリーなんて地平線見えるようなところで羊追いかけているワンちゃんですよ。
アジリティーとかスポーツ、お散歩やいろんな遊びを一緒におもいっきり楽しみたい人が飼うワンちゃんです。
だから捨てられるボーダーちゃんとかが多いんだと思います。

お話は変わりますが、私は断尾とか断耳とかもどちらかと言うと反対です。
例えばプードルちゃん飼っている人多いでしょ。シッポ短いでしょ。あれ先っちょ切ってるんですよ。
産まれて1週間くらいで麻酔もしないで切ります。
プードルだったらもともと水猟犬で泳ぐのに邪魔だったって説ですが、結局「見た目」でしょ。
すでに断尾してペットショップやブリダーさんが販売しているので、皆さんはどうしようもないですよね。
でもちょっと考えてもらったら、いつか変わってくるかな・・・。
ちなみにオーストラリアとかですと、禁止です。虐待になってしまいます。
犬種によっては怪我の予防って説もあり、難しいですが、「見た目だけ」だったら反対です。

人間ってすごいですよね。
チワワからセントバーナードまで、いろ~んな犬種がいます。それも犬の魅力です。
獣医さんが、ブルドックのことを「病気の巣」って言っているのを聞いたことがあります。
確かにブルドッグの飼い主様で何も悩んでいない方はいないと思いますし、いろんな病気があるし、突然死とかも多いです。
私もブルドッグ大好きで、お店に連れて来て下さるとテンションが上がります。
でも少し極端に改良しすぎたんでしょうか・・・。
もともと牛と戦わせたり、闘犬の為に人間が作った犬です。
いったいなんなんでしょうか?大怪我したり死んだりするのを見て楽しむために作ったんですか?
昔勤めていた時に、マンチカン(ダックスみたいに足の短い猫)の子猫を病院へ連れて行って、「こんな猫アカン」って言われたことありました。
腕が短か過ぎて、血管を確保して点滴するの大変だったからです。
アメリカンカールで言う耳がひっくり返っていて、いつもビックリしたようなお顔で可愛い猫ちゃんがいるのですが、それも怒られたことありました。
普通の猫より、すごく耳と耳の中まで固くできていて、耳の病気になった時に治療しにくいんです。
ブリーダーさんは、犬や猫が元気で長生きできるようにブリーディングしていってほしいです。
もちろんブルドッグがいなくなると淋しいですし、犬種の特徴も大切ですが・・・。

「元気で健康な犬をつくっていく」、これってブリーダーさんの義務ですよね。
ブリーダーだけじゃなくて、改良された犬をペット(家族)とする人みんなです。
今・・・例えばトイプードルとかだったら、とにかく小さいのが「ティーカップ」とか言って値打ちあるんでしょ。
小さいほうが可愛いと思う人多いし、小さいほうが値段も高価ですし・・・。
先日、初めてのお客様がお見えになって、小さいプードルを抱いてらっしゃいます。
大きくならないフードをお探しだそうです。
で・・・「まだ4か月なのに1キロ超えてしまった」っておっしゃるんです。
私は、ワンちゃんを見て泣きそうになりました。ガリガリのカリカリなんです。
ブリーダーには1.8キロくらいにしかならないと言われ購入したそうです。大きくなるのはフードの与えすぎだとか・・・。
一生懸命お話して頑張りましたが、どうもうまく行きませんでした。大丈夫かな・・・あの子。
お客様からすると、私はペットショップの癖に犬の血統なんて興味もなければ、「ティーカップ」でもジャンボでもいいし、50万もするプードルも、昨日来てくれた保健所から保護された雑種のポンちゃんも一緒なわけで、面白いはずがないです。
それもわかってて頑張ったんですけどね。
大きさなんて持って生まれたもので、フードで変わりません。
DNAが求めるだけ大きくしてあげないと可愛そうです。
何だったら、小さい頃は食べるだけあげてもいいし(下痢しない程度)、コロッとしてちょっと肥えてるくらいがいいです。

おかしいですよね。成長期に「大きくなるのが嫌」だなんて。
先月私の妹が、女の子を産みました。先日30日の検診で順調に体重が増えてるって報告がありました。
一緒ですよ。4か月の子犬なんて一緒ですよ。

そもそも小さい個体をかけ合わせてどんどん小さくしていくこと自体、間違っている?とは言えなくてもかなり危険ですよね。
だって私は身長170無いチビでしたら、本当にモテた覚えがありません(笑)
自然界では、大きくて強いものがモテるし、厳しい自然ではそうでないと生き残れません。
大きくて強いのもが子孫を残していくのが普通です。
「小さいと弱い」とは言い切れませんが、大きい方が確実に強いです。

何が言いたいんだかわからなくなりました。
犬や猫って人間が作り出したものです。
人間が、小さくて可愛い、大きくてかっこいい、鼻ぺちゃ、フアフア長毛・・・・とか言って作りだしたものです。
その結果、暑さに弱かったり、寒いのがダメだったり、関節が弱かったり、心臓が悪い子が多かったり・・・します。
断尾や断耳、犬種のスタンダード(体の特徴や大きさ)・・・についてもちょっと考えて欲しかったので・・・。
みんな元気で長生きできるように、人間の勝手で不幸になる子がいなくなるように、願ってるし、願ってるだけじゃなくて生涯頑張ります。

今日も自らお客様を減らしてしまうような日記を書きます。
ご気分を悪くされる方もいると思います。
共感して頂ける方の方が多いと思います。
お店の人間が、気分を悪くするお客様がいるようなこと、言っちゃいけませんよね。
でも私は絶対自分のスタイルでやり通すし、できなくなれば他の仕事をするだけです。
私が間違っているかもしれませんが、こんなこと言えるお店も少ないと思いますので聞いて下さい。

当店の実店舗では、美容室もしています。
そろそろ暑くなってくるので、嫌な季節です。
今日も初めてのお客様でバーニーズとロング(毛の長い方)のチワワちゃんのシャンプー&カットのご相談でした。
両方ともバリカンで丸坊主だそうです。

どう思いますか?
タブンほとんどの方は、私と同じで「かわいそう」だと思ったはずです。
一方で「かわいそう」と言えば、このネットのショップのお客様の中にも、ロングのダックスやチワワちゃんをバリカンで短くカットしている方も多く、そんな方はご気分を悪くなされたと思います。
ごめんなさい。できれば最後まで読んでください。

実は当店では、やりません。
いろいろお話してご理解頂け無い場合は、お断りしています。

まず感覚的な問題で・・・動物園でシロクマがバリカンで丸坊主になっていたらどうでしょう。
パンダがコアラが丸坊主だったらどうでしょう。ペンギンは・・・?
かわいそうでしょ。私はそれと同じです。
できるだけ自然な姿を見せるのが動物園ですよね。
暑いものは暑いです。野球少年ならわかると思います。丸坊主でも暑いです。
犬が暑そうだと言いながら、見た目暑苦しそうだったり抜け毛で飼い主様ご自身、犬の毛が嫌だという場合も多いです。
スムースで毛の短いダックスやチワワを、ふわふわで可愛いと長毛に改良したのも人間、ふわふわの仔犬を可愛いとペットショップで買うのも人間。でまた毛が嫌でバリカンで刈ってしまうのも人間・・・。
夏だから「サマーカット」って言う人は、楽して冬でもサマーカットだったり・・・。

次に理屈を言いますと・・・。
毛は必要だからあるんです。人間は皮膚がめちゃめちゃ強くなったし洋服着るようになったので頭以外毛が無くなりました。
犬の皮膚は人間の1/4程度の薄さです。Tシャツにしたりダウンジャケットにしたりもできません。
だからシロクマもコアラも毛で覆われているんです。犬も。
それと、毛の短い犬種は、硬くて太くて強い毛がはえています。短くても良いように。ロングのワンちゃんは細くて柔らかいから長いんです。
もともと長毛の毛で守られている皮膚は、短くなると直射日光や外からの摩擦など刺激に耐えられないんです。
野球少年なら経験があるかもしれません。坊主だと日焼けして水ぶくれできたり、何かにかぶれてカイカイなったり・・。

もう一つ理屈。
一度刈っちゃうとおかしくなります。ロングのダックス、ロングのチワワ・・・など一度バリカンで短くすると、毛質が変わります。
はえてこなくなる場合もけっこうあります。はえてきても不ぞろいでおかしくなります。
(だからやめとけって言ってくれる獣医さんもいます)
逆に、すごく毛が増えたり、ゴワゴワのかた~い毛になって飼い主様のご要望とは逆にますますふわふわゴワゴワになってしまうことがほとんどです。
プードルとかシーズみたいに「カットする犬」は、また違ってカットしても変わりません。
シーズとかプードルは、「夏は短毛・冬は長毛」でも身体や被毛、毛質は変わったりしません。

と言う訳で当店では、ダックス・チワワ・ゴールデンやラブ・柴犬・・・などバリカンでカットはしません。
もともと短毛のパグでもさらに短くしてほしいというお客様もあるんです。
これ言っちゃうとダメだと思うし、トリマーさんにも怒られると思いますが、大抵のトリマーさんは、お客様に言われてチワワやダックスにバリカンを入れる時・・・どういう気持ちでしていると思いますか?
私は無愛想でぶっきら棒ですので(もちろんダメなので努力してます)、どうせ全部顔に出てしまうし、なんせロングのチワワやダックスが、自分のお店で自分たちの手でツルツルになって行くなんて耐えられないのでやりません。


暑いものは暑いと思います。
温暖化も進んでいます。エヤコン等でできるだけ涼しくするしかないと思います。
動物園もシロクマはとても涼しくしています。そうしないと飼育できません。
例えば、シベリアンハスキーなんかは、夏はお家の中でクーラー付けっぱなしにできる人でないと飼うべきではないかもしれません。丸坊主にすれば良いって言う問題ではないと思います。
日本もこれ以上暑くなると、本当にそうしないと犬は飼えないかもしれません。

当店の美容室は、こんなやり方でこんなお店にも関わらず、おかげさまでいつも2~3週間くらいは予約でいっぱいで、ほとんど常連様しか来られません。(トリマーが一人ですしね)
でもたまに来られたお客様が、丸坊主ご希望だったら、本当に大変です。
この日記よりはるかに丁寧にゆっくりご説明します。理解して頂ける場合も多いです。
でもゆっくり丁寧に説明すればするほど、「ごちゃごちゃ言わんと客が言うとおりにしろ!」ってなっちゃいます。
こんなお店タブン無いので、驚かれるのですが、私は本当にしません。1っ回もしたことありません。
怒られても怒鳴られてもしません。
(お尻にウンチ付いちゃうとか飾り毛とかはカットしますし、ハサミでチョキチョキはしますよ。)

去年は、ちょっと大変で「消費者センターに連絡する」とか言われちゃいました。
どうなるかと思いましたが連絡が無かったので、自ら消費者センターに相談してみました。
やっぱり私の屁理屈でお客様のご要望に応えないのは、ちょっとダメかもしれません。
他のお店では普通にしているので、どうしても私の屁理屈になってしまいます。
あとね・・・。業界が「夏は短くしましょう・・・」なんてすすめたりもするんです。
ペット業界も景気悪いですし、ダックスとかチワワはカットしなけりゃお家でシャンプーできるでしょ。
だからお金にならないのでカットもすすめようってな動きが・・・。
これ以上、丸坊主が普通になって当たり前になって美容室でしないわけに行かない状況になれば、ペットバルの美容室は閉店ガラガラです。

バリカンで刈ったことある飼い主様、毛質変わったりしたでしょ。
自分で何とかバランスをもどして皮膚や体を守ろうとしているんだと思います。
気分を悪くされた方、ごめんなさい。私はこう思います。間違いかもしれませんが、少し考えて頂けるとうれしいです。
本当に私が間違っているかもなあ~って思う時もあります。
でも、もし温暖化が進んで「犬は丸坊主の方が良い」って言う状況になれば(すでにそうなの?)、業界は儲かるでしょうが・・・本当にそんなに暑くなれば、やっぱり私は初めから儲からない暑さに強い短毛の犬が増えるべきだと思いますが・・・。

やっぱり超久しぶりの店長日記です。
先日、大阪府の「動物取扱責任者研修会」に行ってきました。

生き物の販売、ペットホテル・トリミング業など営む場合、この資格を持つ責任者が必要で、年に一度研修を受けなければいけません。
4名の先生からの講義でした。
ほとんどが「人畜共通感染症」のお話です。
農水省ではそう呼びます。環境省では「人と動物の共通感染症」と呼びます。
厚生省では「動物由来共通感染症」と呼びます。
何かヘンです。呼び方も統一できないくらいですので、4名の先生のお話もカブっているところが多く、とても無駄を感じます。

皆さんが一番ご存じなのは、「狂犬病」です。
日本ではもう何十年も発生していません。
でも日本以外では、毎年たくさんの人が亡くなっており、近くのアジア諸国もいっぱいありますし、アメリカでもあります。
日本では、飼い犬にはワクチンの接種が義務付けられています。
時別な理由がない限り(ワクチンのアレルギーとか)、皆さんも絶対受けてくださいね。
感染すると犬も人も100%亡くなります。
日本でも絶対発生しないとは言えません。
実際に、ロシアからの輸送船に犬が乗っていて、日本の港で脱走し、人が噛まれるといった事故も起きています。
狂犬病は、犬や人だけでなく、ほとんどすべての哺乳類が感染します。
犬は無くても、小さなコウモリやリスなんかが、海外からの荷物に混ざってくることは大いに考えられます。
日本では、そういったカタチで居付いてしまった外来生物はたくさんいます。
海外旅行の際もご注意下さい。「犬」は皆さん気を付けると思います。
でも、たとえばニューヨークでは、公園になどにいる「リス」も狂犬病を持っている可能性があるそうです。
「ニューヨーク」だったり「リス」だったりすると、弱っているのを見ると触ってしまう人もいると思います。
ニューヨーク州は全米で狂犬病が最も多く、年間1万件の動物が検査され、1割は陽性だそうです。(ほとんど野生動物)
「コウモリ」が保菌率が高く、コウモリ全体の4%はウィルスを持っているそうです。
狂犬病は、字のごとく、「犬」が「狂う」病気です。
でも最近、「狂わない」、つまり狂暴になったりせず、ぼ~っとして弱って行くタイプもあるそうです。

「登録施設の衛生管理について」と言う講義もありました。
なぜか、「ヤシノミ洗剤」で有名な「サラヤ株式会社」の先生でした。
勉強にもなりましたが・・・私達とギャップが有り過ぎるんですよね。
講義を受けているのは、ほとんどが犬や猫を販売する人かトリマーさんです。
手の洗い方なんかを徹底指導されました。目をつぶって手を洗うふりをさせられ、時間が短いとか・・・・。
僕たちの仕事を全然知らない、片隅も見てないのに・・・・。
例えば、この「手洗い」についても大切なことですよ。
でもね。会場の多くの人間が突っ込んだと思います。「この手を見てみろ」って。
仔犬を扱う者は、「手洗い」なんてもんじゃなく、キツイ消毒を繰り返して、手はひび割れだらけの血だらけです。
トリマーさんもシャンプーを繰り返すので、手がキレイな人はいません。
そうならない手洗い・・・って言うか「手」だけじゃなくてもっと効率的な衛生管理について教えて欲しかったです。
大切なお客様のワンちゃんも預かるわけですからね。

最後は、動物の愛護や管理に関する法改正のお話でした。
日本では、仔犬や子猫にの販売に関する法律がほとんどないですからね。
どんどん厳しくして頂くのに大いに賛成です。
ようやく夜間の展示販売とか、インターネットのみでの販売とか・・・・その他いろいろ厳しくなっていきます。
海外の日本以外の先進国はもっとキビしいですからね。
あんな小さい仔犬を親から引き離して、狭いとこ入れて、見せつけて販売しているの日本とか中国だけですよ。
法律で取り締まるというより、皆さんに気が付いて欲しいです。「可愛い」じゃなくて「かわいそう」なんだと。
これでますます、めちゃくちゃして大繁栄したペット業界は厳しくなります。
本物だけが生き残ると思います。頑張ろ。


そうです。今一番心配なマダニからの感染症のお話は一言も無かったです。
まだ情報もあまりないそうです。
そんなに神経質になる必要は今のところないとか・・・。

仕方ないのでいろんなところに問い合わせて調べていますが、やっぱりわからないことが多いようです。
マダニから感染する感染症「SFTS」・・・昨年末から3人の方が亡くなっています。
マダニは別に山奥だけでなく、町の中でもそこらじゅうにいます。→マダニ
公園とかでも草の多いところは気を付けてくださいね。
皮膚では、噛みついて頭を突っ込んだままになってます。最大スイカの種くらいの大きさになります。
手足を引っ込めてじっとくっ付いていますので、見たことない人は「イボ」などと間違えます。
「犬」には感染しても発症しないとみられ、今のところワンちゃんが犠牲になるということはあまり考えられないようです。
どちらにしても、ワンちゃんにダニが付かないように努める必要があります。
当店はフードも無添加ばかりです。どちらかと言うと、ワンちゃんも薬で農薬づけみたいするのは反対でしたが、今年は状況が違ってくるかもしれません。
お薬で予防するのでしたら、きちんと獣医さんへ行って、フロントラインを購入するのがおすすめです。
体重も測ってしっかりワンちゃんに合ったものを購入してください。
フロントラインの類似品が、ペットショップで売ってますが、本物のフロントラインが良いと思いますよ。
それでも当店でもお問い合わせが多くなってきましたので、当店で取り扱えるもので良いものがあれば検討します。
とりあえず、今販売しているのもですと「ベティベティハーブ」があります。
あと、ダニはワンちゃん(人間も)の体臭でよってきます。定期的なシャンプーでも予防につながると思います。
流行しないことと、有効な治療法が見つかることを願ってます。
それと・・・犬や猫が「悪者」にならないかも心配です。

ちょっと暑いのマシになってきましたね。ちょっとだけですけど。
朝晩は少しだけ涼しく、夕方はセミの声が小さくなり、コオロギ君など秋の虫が鳴いてます。
お盆です。私は通常通り働きます。
18歳くらいの頃に、一生この仕事するって決めた時から、長期的な休暇や土日の休みは一生無いと決めてます。
・・・でもちょっと休みたいと思うこともあります。

突然ですが皆様、心から・・・「ありがとうございます」。

実店舗のお客様はご存じだと思いますが、私はあまり愛想が良い方ではございません。
そんな私が何とかお店を続けることができるのは、本当に皆様とワンちゃんやネコちゃん達のおかげです。
大切なワンちゃん達のためのお買いものだからです。他のお商売ならこんな私では絶対無理です。
いつも、ワンちゃんやネコちゃんのためを思って頑張っているつもりです。時にはお客様(人間)やお商売よりも・・・。

私の無愛想は、今は相当マシだと思います。笑ってることが多いです(笑)。
毎日楽しいし、とても充実していますし、心から「ありがとうございました」って言えます。

大学生の頃にペットショップでアルバイトしていたころは、「愛想の良い兄ちゃん」でした。
ただただ毎日仕事が楽しいだけでした。
正社員や店長になってからからですね。無愛想がひどくなったのは。
雇われ時代は毎日のように上司に叱られました。お客様にも叱られ、本社にクレームの電話をされたこともあります。
顔に出るんですね。全部。思っていることが。
普通の大型店で働いていたので、特価で10キロ¥980みたいな保存料と着色料だらけのドッグフード売れたって、「ありがとうございます」どころか、心の中では「よくこんなフードあげるな~」とか「かわいそう」って思ってました。
それを口にまで出してしまって(良いフードをおすすめしたつもり)、「購入しているのにどういうことだ!」とお客様と上司にこっぴどく叱られたこともあります。
特価のフードをたくさん購入してくださったのをお車まで運んでいて、そのお客様のお車がデカいベンツで、遠くに見える自分の中古の軽を見ながらいろいろ考えると「あ~ぁ」ってため息が出て、「お前運ぶの嫌なんか!」って叱られたこともあります。
大人として店員としてダメでした。すみません。

だから自分でお店をして頑張ることにしました。
心の中で、もやもやが残るものは販売していないですし、販売しているものはすべて自分の愛犬に与えることができるものです。
ですので今は、心から「ありがとうございます」が言えます。

今、私が無愛想な時は、オヤツを与え過ぎ(買い過ぎ)で心配なお客様くらいです。
でも、上司に叱られることも無いので口に出して言ってます。「買い過ぎです」って。
丁寧にお話してもご気分を悪くされるお客様もいると思いますが、私はどうせ顔に出るし、自分のやり方でできるとこまでやります。

お話が変わりますが、この時期は「ペットホテル」のお問い合わせが多いです。
当店はホテルはしていません。
可愛そうだと思います。できるならあずけないで欲しいです。
普通のペットショップは、「ホテル」ってもんではなく、ただの「ゲージ」です。
「ホテル」って聞こえが良すぎます。散歩以外ずっとゲージで、閉店すると従業員は帰るので、翌朝まで誰もいないのが普通です。
あずける時やお迎えの時に、どこにいるのか見せてくれないようなお店は、見せられるようなもんじゃないんです。
どうせするなら、一緒に寝るくらいじゃないと意味が無いと思っています。
なので正直、今私はそこまでできません。だからしません。
嬉しいことにたくさんのお客様に頼まれて、ちょっと考えたりすることもあります。
でも当店がするなら、あずける理由が「旅行」とかならお断りしますよ。どうせ顔に出ますし。
急な用事でどうしてもって時は誰でもあると思います。
旅行はダメ・・・あずける理由で断るなんて、まあ無理でしょうね。

当店のお客様がよく利用されているホテルがあります。
関空の空港内にあるペットホテルです。飛行機の離着や着陸が24時間あるのでスタッフも24時間います。
「ゲージ」ではなくて1畳くらいのお部屋です。
当店のお客様の中には、飛行機を利用しない時でもわざわざ関空まで行って利用される方もいらっしゃいますよ。
よ~く探すと他にも24時間スタッフがいるところもあるみたいですね。

あと、お仕事の昼間だけの「保育園」みたいなところがあればいいのにと思います。
特に夏場はお家で留守番だと、「暑さ」が心配でしょ。
窓開けっ放しにするわけにはいかないし、もちろんエヤコンかけっ放しにしても、「エヤコン故障したら~」とか「停電したら~」とか考えてしまいますよね。ちょうど2~3日前私の実家が停電しました。原因はよくわからないのですが、関電が来て直すまで3時間かかったそうです。
留守番で閉めきっていてエヤコンが止まったら・・・かなり危険ですよね。
リーズナブルで毎日でもお昼間だけあずけられる・・・自分でも何とかできないかな~と思いますが今のところ私にはできません。

ドッグランとかカフェは増えたけど、ちゃんとした「ホテル」とか「保育園」みたいなのももっと増えて欲しいですね。
一人ではできないので、いつかいつか・・・人を使えるような人間になっていたら考えます。

急に暑くなってきましたね。

節電節電の世の中ですので大きな声で言えませんが、そろそろエヤコンフル稼働のお家も多いのではないでしょうか。
ワンちゃんは、人間よりも暑さに弱いのでホントに暑さ対策はしっかり行って欲しいです。

毎年聞きます。お店のお客様やそのお友達ワンちゃんが熱中症で亡くなったり危険な状態になります。
もっと皆さんに注意してもらえばよかったと、毎回落ち込みます。
危険な状態になるのは、ほとんどご自宅での留守中です。
特に大型犬・短頭種(シーズやパグ)・老犬ちゃんにはご注意くださいね。
と言っても去年はコーギーちゃんやプードルちゃんでした。
前も言いましたが、「大丈夫だろう」って思うこの5月末~6月が多いです。

当店でも冷え冷えグッズを販売しています。
どれも電気は使わないものです。
けっこう売り切れてしまうのでお早めに・・・。
http://petvall.ocnk.net/product-list/166

ペットボトルのお水など凍らしてタオルを巻いて、ワンちゃんの近くにおいてあげるだけでも全然違います。
できるだけ節電しながらも、ワンちゃんには気を付けてあげて欲しいです。

でも本格的に暑くなると、言いにくいですがエヤコンも必要です。
犬にエヤコンだと!って叱られるかもしれませんが・・・。
今、「犬のためにエヤコンつけてる」って言いにくいですよね。

ペット業界では、震災以降、お魚系(熱帯魚など観賞魚)部門が、破滅状態です。
熱帯魚とはいえ海水魚は、お部屋ですと夏は温度が上がりすぎるため、水槽にクーラーが必要です。
もちろん冬はヒーターが必要です。そのほかにもフィルターや蛍光灯などたくさん電気を使います。
ですのでこれだけ電気を使う熱帯魚なんて、今から飼育したり水槽を増やしたりする人がいないからです。
熱帯魚屋さんに、このご時世にどんだけ電気使ってんだとクレームの電話が入ったりもするそうです。

私は趣味で魚釣りなんかによく出かけます。
海でぼ~っと釣りしてて、潮流が早くなってくるといつも思います。
これで発電できないのかと・・・。
海って海岸で泳いでたりしててもわからないので、魚釣りをする人くらいしかわからないかもしれませんが、
めっちゃくちゃ流れてます。時間や日によっては川の激流みたいになります。
しかも「海」ですので川なんかと水量が比べのもになりません。
魚釣りなんてできないくらい潮の早いところもありますしね。
そんな発電の研究もされているみたいですが・・・。

先日ネットでニュースを見ていると、電力が不足するとテレビでテロップを流しエヤコンなど消すように促すってやってました。
昔に比べるとテレビってどこのお家も巨大化してます。台数も増えていると思います。
ふと思いました。「テレビ消したらえ~んちゃうん」って。
少し検索したらいろいろ出てきました。
どうやらテレビ業界の「大人の事情」で言えないだけで、
エヤコン消すよりテレビ消す方が節電になるのは本当のようです。
特にテレビでは言えないのでしょうね・・。

「大人の事情」かぁ・・・。
それだったら、テレビやらPCやら消して、ワンちゃんにはエヤコンつけてあげて欲しいです。

私の愛犬もシーズが極端に暑さに弱いのでできるだけエヤコンつけたいです。
その代り、お店の照明は半分消してます。
看板やお外のライトは、ほぼ付けていません。
お風呂上りにドライヤーで自分の頭を乾かすのもやめました。
なんかかんやと節電しながら、犬のためにエヤコンつけてます。
関西は停電にもならなかったので、実際に停電などの被害のあった方を思うと本当に言いにくいですが、
それでもワンコの顔見ていろいろ考えると、エヤコンつけずにはいられません。

トイレシーツ
普通こういうお店は、大手さんに値段で勝てないので、大手さんが取り扱っていないようなシーツを販売し、少し利益をとってもお値段で比べられないようにします。

当店は、バリバリ王道「こまめだワン」と「デオシーツ」です。
だってこれが使いやすいんですもん。

今日から100円下げて見ます。
こまめだワン ¥980⇒¥880
デオシート  ¥1680⇒¥1580

よろしくお願いします。
 

プレーントリーツ 北海道産 チカジャーキー

店長日記・・・
時々書くっていつも言ってるのに、なかなか書けないので新商品などのご紹介もしていきます。

プレーントリーツから、新商品です。
北海道産 チカジャーキー


「チカさん」とって呼んでいる女性の知り合いがいるので「チカジャーキー」ってなんだか微妙です・・・。

ワカサギに似たお魚です。
イワシとかよりシシャモ・・・やっぱりワカサギが近いです。
北海道あたりでしか獲れないお魚です。
ワカサギと違って「海産」のお魚ですが、「塩抜き」はばっちりです。
販売元のプレーントリーツさんも、「塩抜き」が課題でずいぶん試行錯誤していました。
プレトリさんが出来上がったサンプルを持ってきた時、一目散にかぶり付きました。私がです。

塩気が全然ありません。当店取扱いのオヤツの中で・・・いいえ、17年間?ペットショッパーをしていて今まで食べたお魚系のオヤツの中で一番塩気が無いです。おつまみにもおかずにもなりません。
湖産のワカサギよりも塩気がないような気がします。(ワカサギは中国産しかないので現在販売していません)
でもお魚の風味はしっかりしていて、たくさんのワンコに配りましたが今のところ食べなかったワンコはいません。

北海道の人間用の食品工場で人間用と同じ様に製造されているので安心です。
ですので、欠点を言うと賞味期限も人間用の基準で設定されていますので、初めから短めです。
お届け時点で2~3か月あれば良品として頂きたいです。

フードなど他の商品お買い上げの際に備考欄にご記入くだされば、サンプル同梱しますよ。
サンプルは、ちょっとしかないので早いもの勝ちです。
サンプルだけの発送はできません。

是非お試しください。

「私は良いことしてんだ」って言ってるみたいなのでここで書くのはやめようかと思いましたが・・・・。

お店をしていると、パッケージが破れたり汚れたりする商品が出てきます。
そういうのは、愛護団体さんに寄付しています。ちょっともったいないなあ~と思った時に「えいや!」と思い切って寄付するとなかなか気持ちの良いものです。

私は学生時代サッカーをしていました。今も好きです。
昨年10月頃、大阪の長居で日本代表のワールドカップ予選がありました。
ちょうど定休日の火曜日だったので、家族と行こうと思いました。運よくチケットもゲットできました。
ががが・・・、ちょっと体調を乱して行けなくなってしまいました。ネットオークション・・・。いつも買えなかったチケットがすぐ売っているのを腹立たしく思ってました。でもついつい、このチケットいくらになるんだろう・・・って見てるとエライことになってました。エライ儲かります。同じサッカーの試合で日本代表が震災復興のチャリティー試合をしたことありました。あのチケットもオークションで高額で出てました。儲けた人が寄付しているとは思えません。(中にはいるのかな?)
もちろんそのチケット、私はオークションに出しませんでしたよ。
近所の児童養護施設の子供たちがサッカーチーム作って頑張っているのを思い出して寄付しました。
めっちゃ喜んでくれて、手紙までくれました。貴重なチケットです。海外で活躍する長友選手などなまで見れるし、あの雰囲気を感じられます。もともと私のようなオッサンが行くより、彼らの方が夢や希望になってずっといいに決まってます。

児童養護施設のちびっことは、他にもつながりがあります。
カブト虫君です。そこのちびっこともカブトムシ君を一緒にいじくって遊んで、ちょっとサッカーもしてきました。
私は、幼い頃から昆虫や小動物が大好きでした。昆虫やザリガニや小魚は無駄に捕まえまくって飼育し、死なせてしまったりもしました。でもそんな風にして、いろんなことも学んだと思います。
でも最近のちびっこはそういうの少ないですよね。少年犯罪をニュースで見ると、そういうのも足りないのかなと思います。
それに、ここらへんも大阪の南端でそんなに都会でもないですが、畑や里山みたいなのや森林も少なくなり、カブトムシなんかもうほとんどいません。山ほど捕れたカブトムシも今や売ってます。関東なら1匹1000円なんてこともあるらしいです。

ということで私は、施設などにカブト虫やクワガタ虫を寄付してます。
きっかけは、店内に飛んできた怪我したクワガタ虫君と、なぜかカブトムシを飼育したいと言い出した妻です。
私はもともと昆虫も取り扱うお店で働いてましたので、飼育はプロみたいなもんです。
昨年も1ペアあたりのカブトムシから幼虫80匹程度、1ペアのクワガタ虫から60匹ほどの幼虫ができてしまいました。
1000円で売ってるからって言うんじゃないですけど、最後まで飼育してほしいです。捕まえたのをまた元の場所へ逃がすのならわかりますが、このカブトムシ君は、私が育てた愛玩動物です。
ある絵本があります。幼稚園で育てたカブトムシのことを園児が飛べないから可愛そうだといい、みんなで逃がす話です。
僕はちょっと違う気がします。逃がし方にもよると思いますが。
一旦飼育したら最後まで飼育するよう教育するべきだと思います。犬や猫と同じです。
その絵本の続きを私が書くなら、逃がしたカブトムシは「ありがとう」って飛んでいきますが、飛んだことないのであまり飛べず落ちます。車に引かれます。天敵を知らないので間違いなくカラスにバラバラにされて食べられます。
教育なんて大それたこと言える立場にないですし、実際昆虫や小動物の飼育が良いかどうかもわかりません。でもちびっこには命を感じて生きるってこと学んで欲しい・・・。
キチンと飼育できずに死なせてしまっても学ぶことはあると思います。犬や猫ならそういう訳にはいきません。

話がそれましたが、どなたかご興味がある方、うちのカブトムシ君いりませんか?
今は幼虫ですが、頑張って飼育して成虫になって出てくるところを観察して欲しいんです。うまく言えませんが「♪ぼくらは~♪みんな~♪生きてる♪」って感動します。お客様でどこかの施設にお知り合いなどいらしたら声をかけてみてください。
どこか寄付するのに良い施設があれば教えてください。でも関東~関西になってしまうかな・・・。
こちらから電話すると大抵喜んでもらって頂けるのですが、より共感していただける先生、いらっしゃいませんか?
幼虫君の飼育は、基本ほったらかしなので簡単です。わからないことは何でもフォローします。
すでにたくさんもらって頂いたので・・・といっても残り・・・カブトムシ君約60匹、コクワガタ君50匹ほどいます。

実店舗の近くのちびっこは、言ってくれたらあげるよ。大切にしてくれるならね。

オークションなどで転売厳禁・・・。

 

くだらないことでスミマセン。


かんばん犬








次は

かばん犬

 





次は

オシッコ
 



 

すげー
ついつい

やってしまいました。





では
失礼しました。

前回子猫の話を日記に書いてからも、3件かな・・・「子猫を引き取って欲しい」とのご来店がありました。
全部断りました。でも何もできない自分が悔しいです。引取りたいですけどいくらでもあって、どうしようもないんです。店が猫だらけになってしまいます。
お断りすると、「じゃ保険所行けって言うんやな」とか言われたり、「なぜ?ペットショップやからまた誰かにあげればいいだろ」とか・・・とにかく説明してもなぜ引き取れないのか理解できないうえに、どうしようもなく困りはててしまうのでしょうね。

この私の悩み・・・また暗~くなってしまうので、ちょっと面白い例を聞いてください。

3年前でしょうか、暑~い夏です。
私より少し若い20代後半くらいのカップルがテッシュの箱を持ってご来店。
「これ引き取ってください」・・・・・・あちゃ~、子猫か?だとするとすごく小さいぞ・・やべえ・・・。

箱を覗き込むと、なんとなんと、インコです。
お出かけ中、道路で倒れているのを保護されたようです。インコを助けたんですから立派です。感心です。
引き取れませんが、あっさり突き返すわけにはいかないし、できる限りのお手伝いはしたいです。
一通り説明しました。セキセイインコ、メス(タブンしゃべらない)、けっこう若い(1年くらい?)、熱中症みたいになってる、羽切ってる(飛べない)⇒近くから来た、手乗りでよく人馴れしてる・・・。
私は、けっこういろんな動物を飼育してきましたし、勤めていたころは小動物係りもしていましたのである程度の知識はあります。

お店ですぐにお水をあげました。お店が涼しかったしちょっと元気になりました。
で・・・・そこから、「申し訳ないですが、当店では引き取れません」
彼氏さんの方が、どうも納得いかないようでした。私ができるだけのこと・・・と思い説明したので、詳しいのなら引き取ってくれと。
自分たちは今から出かけるので今どうすることもできない。
インコ飼うつもりないし、飼い主を探すまで置いておく鳥かごもエサも無い。知識もない。
引き取ってくれないのだったら、またもとの場所へ置けというのか!
できるだけ丁寧にお断りしました。
でも彼氏さんはどんどん炎上し、興奮してきます。
動物扱う資格無いとか、見殺しにするんだとか言われてだんだん私も気分が・・・・。
お気づきになった方もいるかと思いますが、当店は犬の美容室しながら犬猫のフードや用品を販売しているだけで、小鳥に関してはまったく何も取り扱ってしません。それも伝えましたが、、彼氏さんももう「そうか、じゃ悪かった」なんて言えない状態です。
お客様もインコ助けたけど、今日の予定もあるし鳥かごもエサも無いし大変ですが、私も何も無くどうすることもできません。
私の言い方も悪かったのでしょう、それでも彼氏さんは引けなくなってしまいました。
とうとう、私は「じゃ私が、今から店閉めて小鳥屋さん探して鳥かごとエサと買って来いと?」ってなこと言ってしまいました。
「そうすべきだ!」って言うんです。
さんざん生き物に愛情ないとかヒドイとか言われたので、悔しくで私も「わかりました、じゃシャッター閉めるから出て行ってください」。

マジで店閉めてとりあえずエサを探しました。幸いすぐ近くの大きなドラッグストアにエサだけ売ってました。
冷静になると、なんかエライことしてしまったと反省。でもインコも可愛いですからね。
鳥かごが用意できず、仕方ないのでワンちゃんのケージに穴掛けたプラ板を張って脱走しないようにしました。
落ち着いてインコを見ると笑いが出てきました。インコはひろ~いケージの中で駐車場で拾った枝に機嫌よく止まってます。
お腹もすいていたんです。エサ食べてます。
可愛いので自分で飼育しようかな・・・いちおう警察にも連絡しないと・・・・。

でもね。
その日、閉店の時間に彼女さん一人で謝りに来られました。
そして、自分で飼い主探すとのことで連れて帰ってくれました。
めでたし、めでたし。

実はインコも2回ありますし、野鳥のひな持って来られたり、いろんなことあります。
一度、近くの食品関係の倉庫のネズミ取りに、正体不明の動物が捕まって、見に来てくれと言われたことがあります。
宇宙人か?なんておっしゃってたのでドキドキしましたが、コモンマーモセット(小さいおサル)でした。
40~60万するというと皆さんの態度が変わりましたけど、無事飼い主さんが見つかりました。